このページの本文へ

SteelSeries「Rival 710」

有機EL付きゲーミングマウスのスイッチ変更版

2018年11月09日 23時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesから、ハイエンドゲーミングマウスの新モデル「Rival 710」が発売された。「Rival 700」の後継モデルにあたる製品だ。

ハイエンドゲーミングマウスの新モデル「Rival 710」。マウス側面に有機ELディスプレー「OLED display」を搭載する

 「Rival 710」は、従来モデル「Rival 700」から、センサーを1:1トラッキングを可能とした「TrueMove3」に、メインスイッチが6000万回クリックのSteelSeriesメカニカルスイッチに変更されたワイヤードゲーミングマウスの新モデル。

本体サイズは従来モデルから変更はなく、68.46(W)×124.9(D)×42(H)mm、重量135g

 ヘルスの低下やヘッドショットといったゲーム内の状況を振動で通知する「タクタイルアラート機能」やマウス側面に有機ELディスプレー「OLED display」を搭載する点は変わらず。

センサーを1:1トラッキングを可能とした「TrueMove3」に変更している

 本体サイズは、68.46(W)×124.9(D)×42(H)mm、重量135g。ボタン数は7で分解能は100~12000CPI、トラッキング速度350IPS、最大加速度50G、ポーリングレート1ms(1000Hz)。ケーブルはショートケーブル1m(ラバー)とロングケーブル2m(布巻き)が付属する。

 価格は1万2776円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中