このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第129回

ドコモ「ワンナンバーフォン」レビュー! 裏技でiPhoneとも連携可な2台目ケータイ

2018年11月12日 12時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ドコモ「ワンナンバーフォン ON 01」

スマホの子機として優秀なケータイ登場
基本的にはドコモのAndroidでしか使えないが……?

 外出するときはできるだけ身軽に出かけたいもの。スマホすらジャマに感じることもあります。そんなときにもってこいなのが「スマートフォン用の子機」というコンセプトで開発された「ワンナンバーフォン ON 01」です。

 ワンナンバーフォンは、1つの電話番号を2台で共有できる「ワンナンバーサービス」に対応した音声通話専用機。ワンナンバーサービスと言えば、セルラー版のApple Watchも単体で音声通話が可能ですが、もちろんiPhone専用です。その点、ワンナンバーフォンはAndroidスマートフォンと組み合わせて利用可能です。

 ただし、条件があります。詳細はドコモのサイトに記載されていますが、2016年、2017年、2018年に発売されたAndroid 8.0以上を搭載するドコモ端末以外では「基本的に」利用できないんですね。

 しかし、ある方法を使えば、iPhoneと同時待ち受けすることが可能です。詳細は記事の後半でお伝えいたします。

 本製品のサイズは約54×110×7.0mm、重量は約55g。本体前面には約1.5型の有機ELディスプレーと、物理テンキーやカーソル、決定キー、機能キーが並んでいます。ボディーはいかにもプラスチッキーな質感ですが安っぽさはありません。

 ただ、ディスプレーが光沢仕様で非常に手脂、顔脂が目立ちます。実は個人的に本製品を購入した筆者は、ミヤビックスの反射防止保護フィルムをソッコーで貼りました。

本体前面。約1.5型の有機ELディスプレーはモノクロ仕様で、解像度は64×128ドットです
本体背面。この写真では綺麗に見えますが、背面も手脂が目立ちます
本体上面。特に何もありません
本体下面。左からストラップホール、マイク、microUSB端子が並びます
本体右側面。ハードキーなどは何もないのでスッキリしています
本体左側面。ストラップホールの横に小さく「ON 01」の文字が印刷されています

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン