このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Office 365の推奨ポリシー設定、業務に影響を与えない“シャドーIT”抑制支援など

CASBに独自の知見を加え運用、SBTとマカフィーがMSSで協業

2018年11月09日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)とマカフィーは2018年11月8日、CASBのマネージドセキュリティサービス(MSS)提供における協業を発表した。マカフィーが提供するCASB「McAfee MVISION Cloud(旧称:Skyhigh Security Cloud)」に対し、SBTが独自ノウハウに基づく推奨セキュリティポリシーや他のMSSとの連携などを加えた「マネージドセキュリティサービス for CASB」を提供する。提供開始は2019年3月の予定。

ソフトバンク・テクノロジーが提供予定の「マネージドセキュリティサービス for CASB」概要。独自ノウハウを生かしてマカフィーのCASB「McAfee MVISION Cloud」を設定/運用する
(左から)記者発表会に出席した、ソフトバンク・テクノロジー 取締役 営業副統括兼ソリューション営業本部長の児玉崇氏、マカフィー 代表取締役社長の山野修氏、ソフトバンク・テクノロジー 取締役 常務執行役員 営業統括の後藤行正氏

Skyhighが「McAfee MVISION Cloud」へ

 マカフィーは今年1月、CASB市場でリーダーポジションにあるSkyhigh Networks買収し、同社のCASBをラインアップに統合した。そして10月に、企業向けセキュリティクラウドサービスの統一ブランド名“MVISON(エムビジョン)”に合わせ、McAfee MVISION Cloudというサービス名に改称している。

 MVISION Cloudの特徴は、社内で利用されている広範なクラウドサービスについて、管理者に「可視性」をもたらすとともに「一貫したセキュリティポリシーによる制御」を可能にする点。Office 365やG Suite、Box、Dropbox、Salesforce Service CloudといったSaaSから、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft AzureのようなIaaSにまで対応し、“シャドーIT”も含む利用の検出と高リスクな利用の抑制、コントロールを可能にする。

 さらに「McAfee ePO(McAfee ePoicy Orchestrator)」や「McAfee DLP」と連携することで、エンドポイントで適用しているものと同じDLP(情報漏洩防止)ポリシーをクラウドサービスにも適用し、統合管理も可能になる。「マカフィーではオンプレミス環境もクラウド環境も同等に、可視化/制御可能にしていく」(マカフィー 山野氏)。

McAfee MVISION CloudをMcAfee DLPと連携させることで、エンドポイントとクラウドサービスに対して同じDLPポリシーを適用し、より強固な情報漏洩防止策をとることができる

前へ 1 2 次へ

ピックアップ