このページの本文へ

マネージメントセキュリティーサービスの連携による強固な監視・運用体制が可能に

マカフィーとSBTが協業し、新セキュリティーサービス「MSS for CASB」を提供

2018年11月08日 17時50分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーとソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)は11月8日、クラウド環境におけるセキュリティー・ソリューションの提供で協業すると発表した。

MSS for CASB

 マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」とSBTのセキュリティー知見を組み合わせた新サービス「MSS for CASB」を今年中に提供開始する。MVISION Cloudを加えることで、Office 365をより安全に利用できるほか、マネージメントセキュリティーサービス(MSS)との連携による強固な監視・運用体制を実現するという。本サービスの特徴は以下のとおり。

1.SBTの独自に策定したOffice 365向けの推奨セキュリティポリシーテンプレートを提供し、社内環境に合わせたポリシーへのカスタマイズも実施。

2.シャドーITで検出した高リスクのクラウドサービスのリスクを分析し、業務に合わせた継続的な抑制ポリシーの提案などのコンサルティングサービスを提供。

3.MVISION Cloudで検知したセキュリティアラートに加え、他のMSSサービスも用いて複合的に脅威を分析。

 昨今、業務効率化による生産性向上やデータ活用によるビジネス全体の改善のため、企業システムのクラウド化が進んでいる。だが、クラウドサービスには情報漏洩というリスクと、従業員が個々にクラウドサービスを利用するため管理がしにくいといった懸念点があるとのこと。企業の利用するクラウドサービスを管理し、サービスごとに適切なセキュリティーポリシーが設定できるCASB(Cloud Access Security Broker)の重要性が高まっているため、両社の協業および本サービスの導入に至ったという。

カテゴリートップへ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから