このページの本文へ

正式版を11月から提供開始

知識なくても予実管理と分析できるクラウド型ツール 「KINCHAKU」

2018年11月08日 14時25分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SETE MARESは11月7日、予実管理分析ツール「KINCHAKU」を正式リリースしたと発表。

 これまでスプレッドシートで管理されていた予実情報を、会計などの専門的な知識がなくても直感的な操作だけで簡単に管理・分析ができるとしている。

 たとえば、およそ10個の項目を入力するだけでシミュレーションし、新規事業の収益可能性を確認できる。また単なる予実管理ではなく、「ローンチ費用」「原価」「マーケティング関連費用」を個別に管理し、効率的な経営判断を後押しするという。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ