このページの本文へ

Intel「NUC8I7BEH」、「NUC8I5BEH」、「NUC8I5BEK」、「NUC8I3BEK」

インテル純正の超小型PCにグラフィック機能強化版

2018年11月07日 22時02分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 eDRAMを128MB内蔵するIris Plus Graphics搭載ベアボーンキット「NUC8I7BEH」など、NUCの新モデル4製品がインテルから発売された。

Iris Plus Graphicsを内蔵するCoffee Lake搭載NUCが4モデル発売

 TDP 28Wの省電力版Coffee Lakeを採用。グラフィックス機能としてIris Plus Graphics 655を内蔵するため、オンボードグラフィックスながら高いパフォーマンスを発揮する。

 ラインナップは、Core i7-8559U(4コア/8スレッド/定格2.70GHz/TB時4.50GHz/8MBキャッシュ)を採用する「NUC8I7BEH」、Core i5-8259U(4コア/8スレッド/定格2.30GHz/TB時3.80GHz/6MBキャッシュ)を採用する「NUC8I5BEH」と「NUC8I5BEK」、Core i3-8109U(2コア/4スレッド/定格3.00GHz/TB時3.60GHz/6MBキャッシュ)を採用する「NUC8I3BEK」の4機種。

 型番末尾が“K”のモデルはM.2 SSDのみ搭載できる全高36mmのスリム筐体、末尾“H”のモデルは2.5インチドライブを搭載できるが全高が51mmとなる。

“K”型番のモデルは、M.2 SSDのみ搭載できる全高36mmのスリム筐体
“H”型番のモデルは、M.2 SSDに加えて2.5インチドライブを搭載可能

 主なスペックはメモリースロットがDDR4-SODIMM×2(最大32GB)、ストレージはM.2 2280×1、2.5インチSATA×1(“H”型番のみ)、microSDXC×1。インターフェースはThunderbolt 3×1(USB 3.1 Type-C互換)、USB 3.1×4、オーディオ入出力×1、HDMI×1で、対応ネットワークはギガビットLAN×1、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 5.0となる。

 価格は「NUC8I7BEH」が6万7700円、「NUC8I5BEH」と「NUC8I5BEK」が5万1700円、「NUC8I3BEK」が3万8700円。ドスパラ秋葉原本店とパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中