このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第506回

24時間365日動画撮影できる「スマカメクラウドレコーダー」を衝動買い

2018年11月07日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 基本的な操作はスマカメアプリとほぼ同様だが、唯一異なるのは、クラウドサーバー(DropboxあるいはGoogle Drive)の選択時に、別ウィンドウに表示される「認証コード」をコピペで「クラウド録画設定」ページの指定場所に貼り付ける操作が必要なことだ。設定選択が終了すれば「更新する」をマウスクリックすることで、内容が書き込まれて設定は無事終了だ。

 最後に、Dropboxへの録画設定をリセットして、ストレージサイズを拡張せず無償使用しているGoogle Driveをスマカメクラウドレコーダーのクラウドストレージとしてパソコンを使って設定してみたところ、こちらも問題なく設定できた。

筆者のメインのクラウドストレージではないが、パソコンとブラウザー(Chrome)を使ってスマカメクラウドレコーダーの設定作業を行い、Google Driveを録画用クラウドストレージとして実際に使ってみた(スマホとパソコンで覗いたGoogle Driveの画面)。パソコンの大画面でたくさんのサムネイル画像を見ると、いろいろな活用法が思い浮かんできた

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン