このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第506回

24時間365日動画撮影できる「スマカメクラウドレコーダー」を衝動買い

2018年11月07日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 希望するユーザーなら、誰にでも大容量のクラウドストレージが無償提供されるDropbox(2GB)やGoogle Drive(Gmail、Google Photoを含み15GB)のストレージを活用できるので極めて経済的で便利だ。スマカメとスマカメクラウドレコーダーを同時に購入したユーザーは、まずスマカメアプリのダウンロード、導入が先だ。

 アプリの設定もアプリの質問に応えていくだけと簡単だ。スマカメクラウドレコーダーを紐づけしたいスマカメが登録されており、映像がスマホから見られる状態で、画面右上の設定アイコンをタップ。「カメラの設定」経由で「詳細」を選択。そして「録画通知設定」の最下段にある「スマカメレコーダー」をタップする。

ガイドに従って、引き続きクラウドストレージとして利用するDropboxやGoogle Driveの選択設定に移る。もちろん、この項目の選択導入に先立ち、DropboxやGoogle Driveのアカウントを取得し登録済みであることが必要だ

 そうすることで自動的にLAN内を検索し、接続されているスマカメクラウドレコーダーを自動的に見つけ出して表示してくれる。そして、スマカメクラウドレコーダーを目的のスマカメ(今回はスマカメアウトドア CS-QR300を利用)専用のレコーダーとして紐付け登録する。これでスマカメクラウドレコーダーとクラウド録画すべきネットワークカメラの設定は終了だ。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン