このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第506回

24時間365日動画撮影できる「スマカメクラウドレコーダー」を衝動買い

2018年11月07日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オフホワイトのコンパクトな本体は、およそ 71(W)×47(H)×49(D)mmで、たった60gと超コンパクトだ。ポート類は本体背面に集中しており、RJ-45ポートが2個、別売のUSB・ACアダプターから給電を受けるためのmicroUSBポートが1個、そして小さなリセットボタン(15秒長押しによる初期化)だ。

もうこれ以上シンプルな外観は無いと感じる、シンプルなスマカメクラウドレコーダーの前面 背面に配置されたRJ-45ポート2個とmicroUSB充電ポート、リセットボタン
もうこれ以上シンプルな外観は無いと感じる、シンプルなスマカメクラウドレコーダーの前面背面に配置されたRJ-45ポート2個とmicroUSB充電ポート、リセットボタン
底面はクーリングのスリットのみ 底面はクーリングのスリットのみ

 スマカメクラウドレコーダーは自宅やオフィスに設置したWi-Fi環境下に入り、同じネットワーク上に存在するスマカメ対応機種の1台の映像を、DropboxやGoogle Driveのストレージに自動的にアップロードしてくれる便利な機器だ。

 設置は極めて簡単だ。スマカメクラウドレコーダーにごくふつうの5V出力の外部USB・ACアダプターから給電を行い、背面の左側のRJ-45ポートと設置済みルーターのRJ-45ポートをイーサネットケーブルで接続する。後は、使用中のスマカメアプリでスマカメクラウドレコーダーの使用を設定するだけだ。

RJ-45ケーブルで設置済みのルーターに接続。別売のUSB/ACアダプターで給電する RJ-45ケーブルで設置済みのルーターに接続。別売のUSB/ACアダプターで給電する

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン