このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

iPad Pro、MacBook Air、Mac mini……アップル2018年10月新製品まとめ第11回

明らかにiPadのイメージが変わる1台:

新iPad Proはコスパ高い Macより快適かも

2018年11月05日 20時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは10月30日に発表したタブレット型のiOSデバイス、iPad Proを2015年以来初めてフルモデルチェンジし、11月7日に発売します。11インチと12.9インチの2つのモデルが用意されていますが、このうち、大きなサイズの12.9インチモデルの先行レビューをお送りします。

 iPadは2010年に発表された9.7インチのタブレット型デバイス。2007年登場のiPhoneより先に企画されていたとも言われており、iPhoneとともにアップル飛躍の一翼を担う製品となりました。

 Macは四半期ごとに300~500万台程度のレンジで販売されていますが、iPadは1000万台前後で、新規ユーザーも多く、iPhoneとともにアップルのエコシステムに入ってきたり、既存iPhoneユーザーのより深いロイヤルティを獲得する上で重要な戦略的製品となっています。

 iPadはこれまでタブレット型デバイスのカテゴリでトップでしたが、タブレットというカテゴリ自体は世界的に見て縮小傾向が続いていました。そこでアップルは発表イベントで、年間4300万台以上を売り上げるiPadを「世界で最も販売台数の多いノートブック型コンピュータ」とカテゴリチェンジをした上で、最大勢力であることをアピールしました。

 実際にiPad Proに触れてみると、このカテゴリチェンジの宣言の意味を、深く知ることができるようになります。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン