このページの本文へ

Crucial「CT500P1SSD8」、「CT1000P1SSD8」

Crucial初のNVMe M.2対応SSD「P1」シリーズは500GBと1TBの2モデル

2018年10月30日 23時36分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Crucialから、NVMe M.2対応SSD「P1」シリーズが発売された。登場したのは500GB「CT500P1SSD8」と1TB「CT1000P1SSD8」の2モデルだ。

Crucial初のNVMe M.2対応SSD「P1」シリーズ。500GB「CT500P1SSD8」と1TB「CT1000P1SSD8」が販売中だ。

 「P1」シリーズは、Crucial初のNVMe M.2対応SSD。コントローラーはSilicon Motion「SMI2263」。NANDフラッシュには、一般的なTLC NAND採用SSDよりも低価格で大容量の製品を提供できるMicron製3D QLC NANDフラッシュを採用する。

速度はそこそこ、価格はお手頃。人気のCrucialブランドの最新モデルとして注目だ

 基本スペックは、ンターフェースがPCI Express(3.0) x4、フォームファクターはM.2 2280。500GB「CT500P1SSD8」がシーケンシャルリード1900MB/sec、同ライト950MB/sec、1TBモデル「CT1000P1SSD8」がシーケンシャルリード2000MB/sec、同ライト1700MB/sec。製品保証は5年間。ほかに2TBモデルもラインナップされている。

 価格は500GB「CT500P1SSD8」が1万3980円、1TBモデル「CT1000P1SSD8」が2万7790円。パソコンショップアーク、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中