このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第505回

6畳間で100インチ モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」を衝動買い

2018年10月31日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Android 7.1内蔵、4時間動画再生の充電池内蔵。6畳間で壁面100インチ表示ができるモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」は後続のProモデルが登場した今でも、価格差を考えればほとんど遜色のない超お買い得モデルだ Android 7.1内蔵、4時間動画再生の充電池内蔵。6畳間で壁面100インチ表示ができるモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」は後続のProモデルが登場した今でも、価格差を考えればほとんど遜色のない超お買い得モデルだ

6畳間で100インチのモバイルプロジェクター
「Nebula Capsule」を衝動買い

 過去ただの一度も据え置き型の大きなプロジェクターは買ったことがない筆者だが、冒頭に「モバイル」という単語がついた場合、過去何度も過ちを犯している。今回はたまたま家族と二子玉にランチに出かけた後、そばの蔦屋家電でデモしていたAnkerの「Nebula Capsule」というモバイルプロジェクターに目が釘付けになってしまった。

 そしてもう1台、発売されたばかりという新モデルの「Nebula Capsule Pro」という5000円ほど値段が高い新製品もあるという。お店のお兄さんに聞いたところ、Proモデルのほうはプロジェクターが数値的に1.5倍ほど明るく、メモリー容量も2倍近く大きいとのこと。筆者はもちろん、Proモデル狙いの衝動買い体制だった。

 ところが、新モデルのほうは来週入荷とのこと。“衝動買い命”の筆者としてはこれはあり得ない。「今回は縁が無かった」ということで、切り替えの早い筆者はすぐにNebula Capsuleのことを忘れていた。

 ところが、いろいろ新しいガジェットを教えてくれるFacebook友達が、実は最初のモデルの「Nebula Capsule」ならすでに持っていて安価で譲ってくれるという。チャットの途中で速攻衝動買いをした。送られてきたのが今回ご紹介する製品だ。

 

 昨今、モバイルプロジェクターは数多いが、Nebula Capsuleの最大の特徴はAndroid 7.1を搭載していること。スマホと異なるのは、液晶画面をもっていないこと。また、文字入力のためのソフトウェアキーボードは搭載されてはいるが、プロジェクションされた画面上でのカーソルキーでの入力となる。

350mlサイズの缶コーラサイズの本体と「Fire TV Stick」的なリモコンで操作する 350mlサイズの缶コーラサイズの本体と「Fire TV Stick」的なリモコンで操作する

 Wi-FiとBluetoothを備え、液晶画面の代わりに壁やスクリーンにプロジェクションされた画面を表示装置として利用し、付属の専用リモコンやアプリ「Capsule Control」を導入したスマホをマウスや文字入力装置として使用する。

 プロジェクターの解像度はよくある854×480画素、明るさは100ANSIルーメンだ。円筒形の本体にスピーカーを内蔵し、単独でBluetoothスピーカーとしても機能する。

基本的構造は液晶画面の代わりにプロジェクターを採用したソフトウェアキーボードとSIMスロット無しの円筒形のスマホだと考えれば、その機能はわかりやすい 基本的構造は液晶画面の代わりにプロジェクターを採用したソフトウェアキーボードとSIMスロット無しの円筒形のスマホだと考えれば、その機能はわかりやすい

 本体天板に電源オンオフスイッチ、音量大小ボタン、Bluetoothボタン、側面にフォーカス調整のダイヤルを備え、レンズの反対面の上部には専用リモコンの受信ポート、下部にmicroUSBポートとHDMI入力ポートがある。

解像度は854×480画素のスクリーンを壁面に投影するレンズ部分。下3分の2のパンチングメタル部分は内蔵スピーカー。独立したBluetoothスピーカーとしても機能する 天板部分には、6時位置に電源オンオフボタン、3時位置と9時位置に音量大小ボタン。12時位置にBluetoothボタン
解像度は854×480画素のスクリーンを壁面に投影するレンズ部分。下3分の2のパンチングメタル部分は内蔵スピーカー。独立したBluetoothスピーカーとしても機能する天板部分には、6時位置に電源オンオフボタン、3時位置と9時位置に音量大小ボタン。12時位置にBluetoothボタン
回転して投影画面のピント合わせを行うための円盤 上部3分の1辺りにある専用リモコンの受信部。底辺近くにあるUSBポートとHDMI入力ポート
回転して投影画面のピント合わせを行うための円盤上部3分の1辺りにある専用リモコンの受信部。底辺近くにあるUSBポートとHDMI入力ポート

 microUSBポートは、充電ポートだけではなくストレージポートにもなる。付属のOTGケーブル経由で一般的なUSBストレージを接続可能だ。もちろん、昨今よく見かけるパソコンとスマホのデータ共有を実現したmicroUSBとUSB Type-Aの両方のプラグをもつUSBメモリーなら、OTGケーブル無しでの直挿しも可能だ。

一般的なUSBメモリーは同梱のOTGケーブルか同等品を使うことで外部ストレージとして使える 最近のパソコンとスマホでデータ共有できるmicroUSBとType-A USBプラグの両方を備えたUSBメモリーなら直付けできる。PCデータのNebula Capsuleでの活用が簡単になる
一般的なUSBメモリーは同梱のOTGケーブルか同等品を使うことで外部ストレージとして使える最近のパソコンとスマホでデータ共有できるmicroUSBとType-A USBプラグの両方を備えたUSBメモリーなら直付けできる。PCデータのNebula Capsuleでの活用が簡単になる

 Amazonの「Fire TV Stick」のリモコンによく似た専用リモコンでメニュー選択やほとんどのアプリの画面コントロールが可能だ。そして底面には一般的な三脚穴があり、Nebula Capsuleでの投影位置を上げたい場合などに三脚を利用することで、極めて簡単に対応できる。

一部のアプリを除き付属の専用リモコンで初期設定からアプリケーションの動作管理までが可能だ 底面には一般的な三脚穴が用意されているのでNebula Capsuleの高さ調整は簡単だ
一部のアプリを除き付属の専用リモコンで初期設定からアプリケーションの動作管理までが可能だ底面には一般的な三脚穴が用意されているのでNebula Capsuleの高さ調整は簡単だ

 Nebula Capsuleの初期設定は、電源をオンにして、壁などにプロジェクションされるガイドに従って付属のリモコンで行えば、すぐに終わってしまう。初期設定が終わればホーム画面が表示される。付属のリモコンでメニュー間を移動し、メニュー選択や設定の追加、変更作業などもできる。

筆者宅には適度な高さの三脚が無かったので、Manfrottoの小さな三脚を使ってみた 初期設定が終わればホーム画面が表示される。三脚無しでも投影は可能だが床近くに投影されるのでコンテンツによって多少不便に感じるだろう
筆者宅には適度な高さの三脚が無かったので、Manfrottoの小さな三脚を使ってみた初期設定が終わればホーム画面が表示される。三脚無しでも投影は可能だが床近くに投影されるのでコンテンツによって多少不便に感じるだろう

 さて、ご承知のとおり今回ご紹介するNebula Capsuleは、投影画面との距離間隔に応じて最大100インチクラスまでの画面が表示できる。しかし、解像度は854×480画素なので、日常でハイクオリティーな4K映像などを見慣れたユーザーには不満が残るだろう。しかし、テキスト表示ではなくビデオ動画などの映像であれば、十分鑑賞に鑑賞にたえられそうだと判断し、実際に筆者宅の6畳弱の部屋で部屋の明るさを変えながら、さまざまなコンテンツをプロジェクションしてみた。

 実は、筆者宅には常時室内にペットのワンコが自由にウロウロしている。先ほどからどうもNebula Capsuleの光源に興味津々で覗き込んだり周囲をうろつくので、まずは出窓に上げて座らせてからのテストスタートとなった。

我が家の6畳弱の洋間で投影テストをやってみた。興味津々で室内から出すと吠えてしまうワンコは、Nebula Capsuleが見える出窓に上げた 我が家の6畳弱の洋間で投影テストをやってみた。興味津々で室内から出すと吠えてしまうワンコは、Nebula Capsuleが見える出窓に上げた

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン