このページの本文へ

NTT東のネットワークサービスを含めた設計・構築・運用を一括提供

NTT東日本、11月1日からAWSとAzureの販売を開始

2018年10月29日 10時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTT東日本は2018年11月1日から、中堅中小企業や自治体向けにAWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureの販売を開始する。クラウドサービスのアカウント作成、クラウドサービスの日本円での請求代行、クラウドサービスの利用や障害に関する問い合わせ対応といったサービスを提供し、専門のIT管理者のいない企業・団体でのIaaS、PaaSの導入・運用を支援する。

 今回同社が提供するのは、AWSのAmazon Connect、AWS Managed Services、Alexa for Businessを除くサービスと、Azureの全サービス。NTT東日本が従来から提供している閉域ネットワークからパブリッククラウドへ接続するネットワークサービス「クラウドゲートウェイ」と組み合わせて、ネットワークを含めたクラウドサービスの導入前コンサルティング、設計・構築・保守、支払い・問い合わせ窓口といったサポートサービスまでを一括提供する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ