このページの本文へ

音楽データとテキストメッセージを一元管理できるコミュニケーションツール

チャットしながらグループで音楽制作できる「Co-Writing Studio」リリース

2018年11月08日 11時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クレオフーガは11月8日、2人以上のグループによる音楽制作において、音楽データとテキストメッセージを一元管理できるコミュニケーションツール「Co-Writing Studio」(コーライティングスタジオ 以下、CWS)をリリースしたと発表。

 「チャット機能」で音楽制作についてのディスカッションができるほか、チャットグループ内での「音楽データ共有」と「フォルダ管理」が可能。

 団体やバンドなどの所属を示す「グループ」と、制作楽曲やイベントなどの案件を示す「プロジェクト」の設定をすることで、同グループ内で複数の案件を同時に進めることができる。グループ内のやりとりは非公開設定となっており、作品の公表前に関係者のみが情報を共有する場面においても、安全に利用可能としている。

 また、音楽データの再生をしながらのチャット利用にも対応しているほか、大切なコメントを保存できる「ピンどめ」機能を実装している。

 価格は無料で、将来的に有料プラン提供の可能性が有るという。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ