このページの本文へ

ガートナー、人工知能(AI)の推進に関する提言を発表

人工知能は「過度な期待」のピーク期から幻滅期へ

2018年10月26日 14時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガートナー ジャパンは10月25日、「人工知能(AI)の推進に関する提言」とする発表を行なった。

 ここ数年で多くの企業がAIを試行してきたが2018年後半から、一連のブームは去りつつあり、市場ではAIの捉え方が冷静になってきているとしている。これまでの過度な期待によった試験導入したものの、そのまま終わってしまう企業も多いようだ。

 ただし、幻滅期とは「これからが本番」という時期であり、ステージが変わるということは企業がAIをより冷静に捉える時期に入ったことになるという。これまでのAI導入では、経営者が「AIの導入を検討せよ」という指示だけを出して丸投げするようなAIの導入ではなく、企業の「改善レベル」と「戦略レベル」の2つのステージがあると捉え、AIの可能性を継続的に探索し、追求することが重要としている。

 ガートナーでは、11月12日~14日に港区高輪で開催されるシンポジウム「Gartner Symposium/ITxpo 2018」において、ITとビジネス課題の解決に向けた最新トレンド・最先端の知見や今後の展望を発表する予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ