このページの本文へ

アップアップガールズ(アスキー)第14回

【関根梓ソロインタビュー】不安の中やり遂げた初めてのソロLIVE──“全曲LIVE”に向けた活動と“その後”への想い

2018年10月26日 17時00分更新

文● アスキー編集部 写真●曽我美芽

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 連載『アップアップガールズ(アスキー)』でもおなじみの、アスリート系アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)。今回は9月26日開催の「ASCIIアイドル倶楽部定期公演 Vol.17」でソロとして初登場してくれた関根梓さんに、初のソロ公演を終えた感想と、ついに開催が決まった“全曲LIVE” 「Live of All Songs~立ち続ける事~」への意気込みを中心に、今後の活動について語ってもらった。

──ソロでは初の外部イベント、終わってみてどうですか?

 率直な感想は「やれて良かったな」です(笑)。“ソロLIVE”という形でステージに立つのは約1年ぶりなんですけど、実はこのお話をいただいたときは、「ソロでステージに立てる!」ってことよりも不安の方が大きかったのが素直な気持ちでした。出演が決まった後も、「いただいた30分間で来てくれた方の心を満たせるのか。5人じゃなくて私1人で本当に良いのか」という気持ちが勝ってしまっていました。でも、無事ステージを終えた今、「やれて良かった」と心から思っています。

──「ホッとした」という心境だと思いますが、終わってみて、何か変化はありますか?

 一言で言うと「脱皮できたな」と思います。これまで特に1人でステージに立って唄うと言う部分においては、殻に籠もっていた部分もあって一歩踏み出せない自分がいたのですが、今回ソロのステージをやり切れたことで、その殻が取れたような気がするんです。なので「脱皮できた」のかなと。自分の中ではやる前と今だと顔も違っていると思います!それくらい、今回の出演は大きなことだったんです。“全曲LIVE”が決まったこのタイミングでこういったチャンスをいただけて、ソロ出演が経験できて本当に良かったです。“全曲LIVE”に向けて一つ成長できたと思います。

──では公演の中身についてお聞きします。セットリストはどういう意図で決めたのですか?

 今回は5曲パフォーマンスさせていただきましたが、大きく言うとテーマは「動」です。前回、同じアプガのメンバーである佐保明梨が出演した際は、しっとりと歌を聴かせる大人っぽいステージだったので、私はその対極にあるステージを見てもらいたいと思いました。私はダンスが好きなので、一人でも動きながら唄うステージにしたい、そう思って30分を通じて「動く」ことをテーマにセットリストを組みました。

──確かに、佐保さんはあえて唄うことに集中するようにしたステージだったと思いますが、関根さんはできるだけダンスを魅せるステージだったと思いました。

 そうです!できるだけダンスは削らないようにと思ってパフォーマンスしました。「Future&Past」はダンスナンバーなんですけど、この曲は唄いながら踊るのが難しい部分はダンスの方を優先したパフォーマンスにしたり、私の大好きな「バレバレI LOVE YOU」も絶対に入れたくて、でもやるからには全部踊りたいと思ってパフォーマンスしました。最後に唄った「私達」もファンの方と一緒に動く部分が多いので、できるだけいつも通りに踊ることを心がけました。終わってみて、自分としては満足な5曲だったと思います。

──もし次回、またソロで出演するとしたらどんなことに挑戦したいですか?

 次はソロでやりたいというより、佐保と2人で出演させていただきたいです!今まで、公演の中の1曲を佐保と唄うっていうことは何度もあったのですが、2人で一つの公演に出た経験が無いので、チャレンジしてみたいと思っていることの一つなのです。佐保と2人で唄っているとすごく気持ち良くて、すごく幸せなんです。なので、その2人の空気感をファンの皆さんや色々な方に届けたい、と実はずっと思っていて。今は“全曲LIVE”に向けて、というのがアプガの大きな目標にはなっていますが、私自身は“その後”も見据えて活動しているので、佐保とのコンビは大きな武器になると思っています。

 今回、私は「動く」方にテーマを振りましたが、2人でステージに立つとしたら、次は歌で掛け合いをしたいな思っています。それもぶつかり合うような。佐保の歌を聴いていると、自分の前のフレーズで「すごい!負けてられない!」って思うことが多々あります。だから曲の中で戦うようなステージが出来たらと思います。

【当日のセットリスト】

1.キミイロスカイ
2.バレバレI LOVE YOU
3.Future&Past
4.ストレラ!~Straight Up!~
5.私達

──それではアプガの活動について聞かせてください。ついに“全曲LIVE”の開催が決まりましたが、それまでに単独公演があります。“全曲LIVE”に向けて、その単独公演をどうステップアップしていきたいか教えてください。

 私は“全曲LIVE”に向けて特別に何かする、というのは考えてなくて、その日来てくれた皆さんに楽しんでもらって、私たちに会いにきてくれた想いを倍にして返したい、というのを第一に考えています。これは常に考えていることですが、その日に来てくれた方の心をつかんで離さないようなパフォーマンスをお届けしたい、と思っています。それはこの“全曲LIVE”につなげる単独公演だけでなく、全ての公演でそう思っています。

──9/15の単独公演で“全曲LIVE”の開催を発表した際、目に涙を浮かべているメンバーもいました。どういった心境だったのでしょうか?

 正直、私個人的には今年“全曲LIVE”を開催することに関しては、最初は否定的だったんです。でもメンバーともスタッフさんとも話し合っていくうちに、昨年の9月に2人が卒業して5人になってから、大きな挑戦ができていないと改めて気付きました。7人だったときは、中野サンプラザだったり日本武道館だったり目標としている場所があって、それに向けて47都道府県をツアーで回ったりと毎年のように何かに挑戦してきましたが、今年はそれができていない。このままだと2018年は大きな挑戦をしなかった年になってしまう。そう思ったときに、今の私たちには高い壁だとは自覚しているのですが、2018年は“全曲LIVE”に挑戦する年にしよう、と心に決めました。

 ただ、今回は会場がZepp Tokyoなのですが、そこは7人最後の場所だったので、「早くあの場所に帰りたい」という想いと、「まだあの場所に帰るのは早いんじゃないか」という気持ちと、それが入り混じった不安が実は今も胸にあります。私はそういった感情があって、9月にステージ上で発表したときに涙してしまいました。

──最後に、今の“全曲LIVE”への想いについて聞かせてください

 開催発表をした新横浜のあのステージで、メンバーそれぞれ、違った想いで立っていたと思うんですけど、今はメンバーひとりひとりが少しずつでもそこにつながることをやるような形で活動しています。LIVEについてはその日その時を楽しんで欲しいと先ほどお話をしましたが、日々の活動はそこに向かう何かをすべきだと思っています。例えば佐保は得意の歌を活かして、12/27まで残り80日になったタイミングで全80曲を1曲ずつ毎日twitterで紹介していく「さほうた」という企画をやっていますし、私は話すことが好きなので、こちらも毎日Showroomで「関根梓の毎日アイドルーム」という企画でファンが増えてくれるような活動をしています。5人それぞれが12/27に向けて自分たちなりに考えて日々過ごしていますし、あとはなんといっても私たちにとってファンの皆さんは大きな力なので、ファンの皆さんとともにこの大きな壁を乗り越えていきたいと思っています。でも繰り返しにはなってしまいますが、とにかく来ていただいた皆さんには楽しんで欲しいという想いが一番なので、2018年で一番楽しい日だった、と思ってもらえるような公演にしたいと思っています。

──ありがとうございました。

 しばしば「宇宙人」とメンバーやファンから評される関根梓の人間性は、確かに独特の表現や感性を持っている部分もあるが、根本的には「私たちを応援してくれる人に楽しんでもらいたい」というショーマンシップを第一に考えている、実にアイドルらしいアイドルであると再認識するインタビューだった。“全曲LIVE”まで残り2ヶ月とその日は近づいてきているが、“その後”も見据えて活動している関根さんの想いには心に響くものがあった。引き続きアップアップガールズ(アスキー)として見守り、彼女たちの活動を紹介していきたい。

アップアップガールズ(仮)Information

11月6日に24枚目シングル発売!
「愛愛ファイヤー!!/私達(with friend)」(両A面)

アップアップガールズ(仮)メンバーコメント

森咲樹: 今年初のシングル発売決定、とても嬉しいです!「愛愛ファイヤー!!」は、私達メンバーも楽曲打ち合わせに参加して、曲調や詞の世界観を提案させて頂いたので、今まで以上に思い入れが強い曲になりました。「私達」は、今年6月に発売したアルバムに収録されていた曲ですが、今を精一杯生きている沢山の方々に響く曲だと思うので、リアレンジバージョンとしてシングルに入ることがとても嬉しいです。作詞作曲して頂いたTHEイナズマ戦隊さんとのセッションしたものになるので、より響く唄になるよう、私達も精一杯届けていきます!アップアップガールズ(仮)は、沢山の方からの愛に感謝をしながら、まだまだ走り続けさせて頂きます。そんな私達がギュッと詰まった1枚をお楽しみに!

★「愛愛ファイヤー!!/私達(with friend)」 リリースイベント続々決定!

2018年11月3日(土) @新宿マルイメン屋上特設イベントスペース
1部 12:00開始
2部 15:00開始
3部 18:00開始

2018年11月4日(日) @ららぽーと柏の葉 2Fセンタープラザ
1部 15:00開始
2部 18:00開始

2018年11月5日(月) @タワーレコード横浜ビブレ店
20:00開始

2018年11月6日(火) @ニコニコ本社B2Fイベントスペース
19:00開始

2018年11月7日(水) @新宿マルイメン屋上特設イベントスペース
19:00開始

2018年11月8日(木)  インターネットサイン会

2018年11月9日(金) @タワーレコード川崎店
20:00開始

2018年11月10日(土) @池袋パルコ屋上イベントスペース
1部 12:00開始
2部 15:00開始

2018年11月10日(土) @タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
18:30開始

2018年11月11日(日) @イオンモール幕張新都心グランドモール1F 屋外グランドスクエア
1部 12:00開始
2部 15:00開始
3部 18:00開始

★LIVE情報

アップアップガールズ(仮) Live of All Songs ~立ち続ける事~
2018年12月27日(木)@Zepp Tokyo
1部開場13:30 / 開演14:00
2部開場16:00 / 開演16:30
3部開場18:30 / 開演19:00

アップアップガールズ(仮)~Road to Live of All Songs~
2018年10月28日(日)@新宿BLAZE
1部開場13:30/開演14:00
2部開場17:30/開演18:00

ショートカットに戻れない!?~新井愛瞳生誕記念スペシャルLIVE~
2018年11月18日(日)@初台 the DOORS
1部開場13:30/開演14:00
2部開場17:30/開演18:00

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ