このページの本文へ

新開発アンプ採用で、BT1よりも高音質化

Shure、aptX HD対応で音質にこだわったBluetooth5.0対応ケーブル「RMCE-BT2」

2018年10月26日 09時30分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シュア・ジャパンは10月26日、Bluetooth 5.0対応のワイヤレスイヤホンケーブル「RMCE-BT2」を発売した。「SE215」や「SE846」など、MMCX端子を搭載したイヤホンの交換ケーブルとして利用できるもので、昨年発表した「RMCE-BT1」とは異なるアンプを採用して、高音質化した。価格はオープンプライス。店頭での販売価格は2万円前後。

たかがアンプの改善……と侮ってはいけない

 一般的なBluetooth機器では、ワイヤレス通信に必要なブロックに加え、DACやADC、アンプ機能などを統合したチップセットを利用する場合が多い。開発がしやすく、消費電力やサイズ面での利点もあるためだ。しかしRMCE-BT2では高音質化のため、アンプ部分を独自開発した。

 来日したリスニング製品のシニアプロダクトマネージャー、ショーン・サリバン氏によると「Bluetooth機器の開発においてアンプは軽視されがちだが、車に例えるならエンジンに相当するものであり、非常に重要」とのこと。

 RMCE-BT2では、チップセット内蔵のアンプはバイパスして、外付けした高出力のアンプでイヤホンを駆動する。そのぶん消費電力は上がるが、内蔵バッテリーの容量を200mAh程度に増やして最大10時間の駆動時間を確保している。重量は18g。BT1よりは重いがわずかな重量増に抑えている。ケーブルの長さは73.7cmだ。

 Bluetoothのチップセットとしては、クアルコムの「CSR8675」を使用。aptX、aptX HD、aptX Low Latencyなどのコーデックに対応する。aptX HD使用時の歪み率は0.02%。周波数特性は10Hz~22kHz(±0.5dB)。出力に関しては非公開。

 15分の充電で1.5時間利用できる急速充電機能や、ヘッドセットとして利用できる無志向性のMEMSマイクを持つ。Bluetoothはマルチペアリング/マルチポイント対応で、最大2台の同時接続が可能だ。

本体クリップがある点が特に使いやすい

 本体はネックレス型。バッテリーやアンプを搭載した本体はその先端部にある。裏面には、胸ポケットや襟などにクリップで留められるクリップが付いている点は使いやすい。ケーブル途中にはリモコンも装備。タッチノイズを防ぐため、左右のケーブルを束ねるホルダーもある。

リモコン部は、一般的な3ボタンタイプだ。

 サウンドに関しては、非常に素直で、フラットな特性。シュアが理想とする音調とは何かが垣間見える気がする。SE846など自社のハイエンド機の能力をしっかりと引き出せるのはもちろんだが、他社製品との組み合わせもできる。AZLAの「HORIZON」など、手持ちのイヤホンを試してみたが、中音域の見通しの良さに加えて、低域がしっかりと前に出てくることを確認でき、高い駆動力を持つと実感した。

 ただしサイズを考えればしょうがない部分だが、適切な音量を得るためには、全体に高めの音量位置にする必要があった。感度が低いイヤホンと組み合わせる場合は、十分な音量が取れるか、確認すべきかもしれない。しかし、ひずみやノイズの少なさといった静特性は、単体プレーヤーと比較しても十分だと思う。つまり、スマホ内蔵のヘッドホンアンプより高音質化するために持つこともできる。音質に関しては「ちょっとしたハイレゾプレーヤーを買うよりいい」と感じる面もあった。

 RMCE-BT2を特におすすめしたいのは、すでに高級なイヤホンを持っておりBluetooth接続でも有線接続に匹敵する高音質で音楽を楽しみたいという人だ。Shureのイヤホンとは当然のようにベストマッチの製品と言える。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン