このページの本文へ

工場や企業のネットワークを気軽に診断

ALSOK、スポット型「情報セキュリティ診断サービス」を開始

2018年10月24日 13時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ALSOKは10月22日、ネットワーク内部に侵入したウイルスやセキュリティーホールになり得るリスクの高い通信の有無を診断する「情報セキュリティ診断サービス」を開始した。

 工場やプラントをはじめとする制御システムや一般企業のイントラネット向けのサービスで、アズビルセキュリティフライデー開発のネットワーク監視ソフト「VISUACT-X」を使用。企業のネットワーク内の通信を診断する。診断にあたっては、対象ネットワークに監視用端末を設置して一定期間通信のモニタリング。検出された不審な通信を分析の上、レポートにまとめて報告する。

 システムの状態を把握するスポット型のサービスのため常時監視が必要なサービスに比べて低価格で利用できるという。「お試し診断」は無償で、詳細レポートを提出する診断は有償(センサー1台設置と2週間程度の調査で参考価格は100万円)。また、診断システムの販売も行なう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談