このページの本文へ

「自分に自信がない人」でもいい人脈を簡単に作れる裏ワザ

2018年10月23日 06時00分更新

文● 島野美穂(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネスマンにとって人脈はかけがえのない財産。いざというときにコミットしやすい人脈を作っておけば、仕事で有利になるのは間違いない。しかし、ノープランで交流会やセミナーに参加しても、いい出会いやつながりは得られない。人脈構築には、ある“秘策”があるのだ。NASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン(LivePerson)」の日本法人代表として働く傍ら、多数のビジネス書籍を出版する金田博之氏に聞いた。(清談社 島野美穂)

交流会でいい人脈を作る
意外なコツとは?

自信がない人が人脈を広げるには、ちょっとしたコツがあります
合コンで「自分より格好良くない人」を連れて行った経験のある人は多いかも知れないが、その考え方では良い人脈は築けない Photo:PIXTA

 ビジネスマンの交流会で、いい縁を作るためには「相手のメリットを第一に考えるべき」と金田氏は話す。

「ビジネスマンの交流会では、その場にいる全員が人脈を作りに来ています。みんながみんな同じ目的なので、そのなかで印象づけるためには、ほかの人との差別化をはからなければなりません」

 差別化といっても、インパクトのある自己紹介や、派手なスーツで参加しろというわけではない。「相手の気持ち」になって、どんな人物とつながりたいかを考えたら、おのずと答えは出る。

「自分が、相手にどんなメリットを与えられるか。これに尽きます。出会いを求める人は少なからず、自分に何か与えてくれる人を求めています。ざっくばらんに言ってしまえば、ビジネスに役立ちそうなスキルや、課題解決のための手段などを持っていることをうまくアピールできれば、いいつながりは作れるはずです」

 金田氏の理屈はよくわかる。誰だってそれができれば、難なく人脈は作れるはずだ。とはいえ、自分ひとりの力では限界があるものだが…。

「もちろん、そうでしょう。そこで、もう一つの秘策があります。交流会には自分よりも優れた人、デキる人を連れて行ってください。それが、新しい人脈を作るコツです」

 自分よりスゴい人と交流会に行くこと。これこそが、金田流・人脈構築術のキモなのである。

『自分よりも優れた人』とはどんな人だろうか?自分よりも役職の高い人、大企業に勤めている人、はたまた、圧倒的なルックスを持って目を引く人、しゃべりが抜群に達者な人、などなど、いろいろな考え方があるだろう。

 いずれにしても、自分より魅力的な人を連れて行くことは、かえって自分が引き立て役に終わってしまうだけと不安になるかもしれない。しかし金田氏は、「新たな層の人とつながるには、そのコミュニティの中に入っていくほか道はない」と言う。

「学生時代のコンパを思い出してください。自分が一番カッコよく見られたいという気持ちから、わざとやぼったい人をメンバーに入れようと企んだ経験はありませんか。ところが、それをしてしまうと、限界値が“あなた”なので、あなたの想像を超える出会いはやってこないのです」

デキる人の振る舞いを
じかに学べるチャンスでもある

 コンパならそれでもいいかもしれないが、これがビジネスの交流会だとしたらどうだろうか。自分の身の丈に合った相手と出会うだけで終わってしまっては、あまり意味がない。

金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。世界全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%) を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEAD大学でエグゼクティブMBAを卒業。現在はNASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン(LivePerson)」の日本法人代表として働く傍ら、勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年にまぐまぐ大賞を受賞。 メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

「自分では引き寄せられないレベルの人と出会いたいなら、自分より優秀な人の胸をどんどん借りるべき」と金田氏は断言する。もちろん相手を単に利用するだけでは、信頼関係を壊す。お互いにメリットのある交流会を選んで連れて行く、もしくは連れて行ってもらうのがベストだろう。

 自分よりも優秀な人と行く交流会は、じつは人脈構築以外にも得られるものがある。

「仕事がデキる人の立ち居振る舞いを、直接見るチャンスです。私が実際に見た例でいうと、仕事がデキる人は、会話に入れず端っこでぽつんとしている人を、輪の中にスムーズに入れるように取り計らうのがすごくうまい。しかも『この人は◯◯の仕事をしているんですよ』なんて、話題まで提供していて本当に気が遣える人だなぁと感じました」

 こうした気遣いは、ほかの参加者の目にも留まる。『今日はいい人に出会えた交流会だった』と感じてくれれば、今度はその人が、別の集まりに呼んでくれたり、その人の知っているさらにデキる人を紹介してくれたりと、より多くの優秀な人たちと知り合えるようになるのだ。わらしべ長者のような話だが、実際、金田氏はこうして人脈を築き上げてきた。

「自分には人を引きつける魅力がないと思うのなら、魅力のある人を連れていけばいいだけです。何も臆することはありません。とりあえず、やってみること。驚くような効果が、簡単に手に入ると思います」

 人材交流会や異業種パーティーに参加してもなかなか人脈が広げられない人は、ぜひ参考にしてもらいたい。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ