このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第15回

正直なところワンナンバーに対応してほしかった:

ドコモ「カードケータイ」が欲しい理由 ためらう理由

2018年10月22日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 その姿が世間に公表されるやいなや、瞬く間に注目されたのは、NTTドコモが発表したカードサイズのケータイ、その名も「カードケータイ」だ。

 NTTドコモの発表会では、吉澤和弘社長がカードケータイを名刺入れから出し、参加していたメディアを沸かせた。

 薄さ約5.3mm、重さ約47gというサイズで、電子ペーパーを採用。まさに名刺を数十枚、重ねた程度の大きさに収まっている。実際に触ってみると、本当に薄くて軽い。これで通話ができるのか、半信半疑になってしまうが、ちゃんとVoLTEで通話できる。さらにブラウザやSMSにも対応する。

 実際にネットサーフィンで様々なサイトを渡り歩くというのはかなり至難の技だが、SMSで飛んできたリンクをちょっと見るという程度であれば問題ない。操作時に「ピッ」という電子音もなんだか懐かしい気がしてくる。

 そう、カードケータイはなんだか「古くて新しい」感じがするデバイスなのだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン