このページの本文へ

ミキラボ 子どもと一緒に楽しむ3分科学第18回

100均とLEDでできるハロウィン飾り付け 子供と一緒に作ってみよう

2018年10月22日 11時00分更新

文● 五十嵐美樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 だんだんと涼しくなり、子供たちがワクワクするハロウィンが近づいてまいりました。今回はハロウィンを彩る、LEDで光り輝く工作の作り方をご紹介します。

 LEDを使った電気回路を組むのは初めてという方も、ハンダ付けなどなしで簡単に作ることができます。ぜひ試してみてください!

準備するもの

 回路の材料は、秋月電子通商のネット販売および店舗でご購入いただけます。

・LED
・抵抗(1kΩ)
・電池(単3電池2本)
・電池ケース(スイッチ付き)
・ワニ口クリップ

左からLED、抵抗、電池ケース、電池、ワニ口クリップ

 飾り付けの材料は、100円ショップでお求めいただけます。

・折り紙
・マジックペン

飾り付けの材料

回路を組み立てる

 LED、抵抗、電池ケースをワニ口クリップで写真のようにつなぎます。このとき、LEDの足の長い方を電池ケースの+側(赤い線)、短い方を電池ケースの-側とつなぎます。

ワニ口クリップで回路を作る

 電池ケースに電池を入れ、スイッチを入れるとLEDが光ることを確認してください。LEDが点灯しない場合は、ワニ口クリップやLED同士の金属部分がくっついていないか確認してみてください。ショートしている可能性があります。

電池ケースに電池を入れる

飾りを作る

 折り紙を風船の形に折り、マジックペンで好きな絵を描きます。

折り紙を折って絵を描く

 飾りをLEDに刺して、完成です!

完成

 材料さえ揃えられれば誰でも簡単にLEDを光らせ楽しむことができます。ハロウィンに向けて、ぜひみなさんも作って遊んで電気回路に触れてみてください!

注意事項
・電気が流れている状態で、異なるワニ口クリップの先同士やLEDの先同士などがくっつくとショートします。熱くなり危ないのでくっつけないようにしてください。
・遊ぶとき以外は電池を抜いておいてください。
・LEDなどの小さな部品は飲み込まないように注意して取り扱ってください。
・小学生など低年齢の子どもが実験するときは、必ず保護者の指導のもとで実施してください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ