このページの本文へ

新映像エンジンで高速連写や4K動画の撮影も

キヤノン、光学65倍ズームレンズ搭載「PowerShot SX70 HS」

2018年10月16日 17時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PowerShot SX70 HS

 キヤノンは10月16日、光学65倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジカメ「PowerShot SX70 HS」を発表。12月下旬に発売する。

 2014年10月に発売された「PowerShot SX60 HS」の後継機種にあたる高倍率ズームデジカメ。35mm換算で広角21mm~望遠1365mmの光学65倍ズームレンズと、1/2.3型の裏面照射型CMOS(有効画素数およそ2030万画素)を搭載。

 最新の映像エンジンDIGIC 8により、静止画撮影時に5段分の光学手ブレ補正効果を実現する「デュアルセンシングIS」を実現するほか、AF・A連動で最高およそ5.7コマ/秒、AF・AE固定で最高およそ10.0コマ/秒の高速連写、4K動画や4Kタイムラプス動画の撮影も可能。 

EVFにはアイセンサーを搭載。また、ボタンやダイヤルの配置にも改良が施されている

 背面には3.0型TFTカラー液晶を装備するほか、およそ236万ドットの有機ELパネルを採用した0.39型の高精細EVFを内蔵。EVFの接眼部には新たに「アイセンサー」を装備することで、ファインダー表示とライブビュー表示を自動で切り替えることができる。本体サイズはおよそ幅127.1×奥行き116.6×高さ90.9mm、重量およそ610g(バッテリー、SDカード含む)。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン