このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第14回

2018年秋冬商戦 auの目玉は「ケータイ」:

なぜauはグーグル「Pixel 3」を扱わないのか

2018年10月15日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは10月11日、「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催した。

 通常、新製品を発表する際はホテルなどの宴会場を借り、大掛かりなステージを組んだりするのだが、タッチ&トライ会は、貸し会議室のような場所でひっそり開くイベントとなっている。キャリアとしては、同じタイミングに新サービスがあれば発表会形式を採用するのだが、特に新しいサービスはなく、大がかりなイベントをやるほどでもない。とはいえ、プレスリリースだけで製品を紹介するのは忍びないということもあり、メディアに向けて製品を試せたり、写真撮影できる場を設けてくれているようだ。

 今回、KDDIが秋冬モデルとして紹介したのは、サムスン電子「Galaxy Note9」、ソニーモバイル「Xperia XZ3」、シャープ「AQUOS sense2」、LGエレクトロニクス「LG it」と「INFOBAR xv」の5機種だ。

 製品紹介のプレゼン終了後、質疑応答で真っ先に飛んだ質問が「なぜグーグルのPixel 3を扱わないのか」というものだった。

 同社プロダクト企画部長の大井龍太郎氏は「商品力全体を見てラインアップを揃えたので、今回は見送った。いろんな方面でグーグルとは話しており、今後の取り扱いについては、ユーザーの声や市場環境を見ながら考えたい」と返答。

 関係者によれば、KDDIはPixel 3に関して、かなり慎重な判断をした模様だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン