このページの本文へ

「リアルレーシングシミュレーター体験イベント in FIA世界耐久選手権 6時間耐久レース」実施

10月13日、14日富士スピードウェイで迫力満点のレーシングシミュレーターが体験可能

2018年10月12日 16時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「リアルレーシングシミュレーター体験イベント in FIA世界耐久選手権 6時間耐久レース」

 ユニットコムは「リアルレーシングシミュレーター体験イベント in FIA世界耐久選手権 6時間耐久レース」に特別協賛すると発表。LEVEL∞ゲーミングパソコンを提供する。イベントは10月13日、14日に開催する「FIA 世界耐久選手権(WEC)富士6時間耐久レース」会場である、富士スピードウェイのイベント広場内マイルストーンコーナーで実施予定。

 リアルレーシングシミュレーター体験イベント in FIA世界耐久選手権 6時間耐久レースでは、LEVE∞のゲーミングパソコンに加え、稼働するレーシングコックピット「GTultimate V2 Racing Simulator Cockpit」と、ハンドルコントローラー「TS-XW RACER」、湾曲ディスプレー「AGON AG322FCX/11」で、リアルなレーシングシミュレーター体験が味わえる。ゲームタイトルは「Forza Motorsport 7」を採用し、イベントでは最大3台のゲーミングブースを用意している。

LEVEL∞のゲーミングパソコンを提供「GTultimate V2 Racing Simulator Cockpit」
「TS-XW RACER」「AGON AG322FCX/11」

 また、パソコン工房AKIBASTARTUPで取り扱っているエイムスのプロジェクションスクリーン「シムピット AVENGER(アベンジャー)180 Pro」も展示してある。2つのプロジェクターによって180度の視界を映し出すスクリーンと、レーシングコックピット、ハンドルコントローラーを組み合わせて、よりリアルなレース体験が可能だという。

「シムピット AVENGER(アベンジャー)180 Pro」

イベント概要
イベント名:リアルレーシングシミュレーター体験イベント in FIA世界耐久選手権 6時間耐久レース
開催日:10月13日、14日
開催時間:11時~17時ごろ(当日の状況に応じて変更予定)
会場:静岡県駿東郡小山町中日向694 富士スピードウェイ イベント会場
※イベント参加にはFIA 世界耐久選手権(WEC)富士6時間耐久レース観戦チケットが必要、前売観戦券は7200円、前売ペア観戦券は1万3000円、当日観戦券は8500円、中学生以下は保護者同伴に限り場内入場と自由席エリアでの観戦が無料

■関連サイト

カテゴリートップへ