このページの本文へ

低価格モデルと限定モデルを用意

Max-Q Design採用のゲーミングノートPC「Razer Blade 15」登場

2018年10月11日 20時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Razerは10月10日(現地時間)、低価格モデル「Razer Blade 15 ベースモデル」と限定モデル「Razer Blade 15 Mercury White Limited Edition」を発表した。

Razer Blade 15 ベースモデル

 Razer Blade 15 ベースモデルはM.2接続のSSD(128/256GB)とHDD(1TB/2TB)のデュアルストレージ構成で、高速処理能力とともに余裕のあるストレージ容量を実現。インターフェースにはギガビットイーサネットポートを備え、専用のヒートパイプ温度管理システムも組み込まれているとのこと。

 OSはWindows 10 Home、グラフィックスはGeForce GTX 1060 Max-Q Design、CPUはCore i7-8750H、メモリーは16GBを搭載。サイズは約幅355×奥行235×高さ19.9mmで、重量は約2.03g。15.6インチの液晶ディスプレー(1920×1080ドット)を採用。

 128GB SSD/1TB HDDモデルの価格は1599ドルで、256GBと2TB HDDモデルは1799ドル。10月10日からアメリカ、カナダ、中国で発売され、ヨーロッパ、アジア太平洋地域は2018年11月に発売予定としている。

Razer Blade 15 Mercury White Limited Edition

 Razer Blade 15 Mercury White Limited Editionは、マットホワイトのボディーと、ブラックのUSBポート、イルミネーションのない同系色の「Razer」ロゴを配した限定モデル。

 Core i7-8750HとGeForce GTX 1060 Max-Q Design/GeForce GTX 1070 Max-Q Designを搭載。メモリーは16GBで、最大32GBをサポートする。ストレージは512GB SSDで、最大2TBに対応。GTX 1060モデルのサイズは約幅355×奥行235×高さ16.8mmで、GTX 1070モデルは約幅355×奥行235×高さ17.3mm。重量はともに約2.07kg。そのほか、15.6インチの液晶ディスプレー(1920×1080ドット)、ペーパーチャンバー冷却、個別RGBバックライトのキー、CNC加工のアルミシャーシを採用。

 GTX 1060モデルの価格は2199ドルで、GTX 1070モデルは2599ドル。2018年第4四半期にアメリカ、カナダ、中国の一部取扱店で台数限定で販売するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン