このページの本文へ

超解像技術で各種映像ソースをくっきり表示

アイ・オー・データ、31.5型ワイド液晶ディスプレー「LCD-DF321XDB」

2018年10月10日 17時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LCD-DF321XDB」

 アイ・オー・データ機器は10月10日、広視野角パネルやDisplayPortを採用した31.5型ワイド液晶ディスプレー「LCD-DF321XDB」を発表。10月末に発売する。

 広視野角のADSパネル(1920×1080ドット)を採用し、映像入力はDisplayPort×1、HDMI×2、アナログRGB。2.5W+2.5Wスピーカーも内蔵する。画像を拡大した際のぼやけを改善する超解像技術を搭載し、低解像度の映像ソースでもくっきりとした表示が可能という。

 本体サイズはおよそ幅726×奥行き180×高さ478mm、重量およそ6.9kg(いずれもスタンド付き)。スタンドを取り外してVESAマウントで使用することも可能。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン