このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第97回

セキュリティーチップは有効化されていない:

iFixit「MacBook ProやiMac Proはまだ修理できる」

2018年10月10日 18時50分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MacBook Proの修理。iFixitより。

 先週、アップルのMacBook Pro(2018)とiMac Proにサードパーティーからの修理を防ぐ「T2」セキュリティーチップの搭載が判明したが、米修理業者iFixitが「まだ修理は可能」とのブログを10月5日に公開した。

 iFixitによると、今夏、13インチMacBook Pro(2018)のディスプレー交換を行ったところ、問題なく作動したという。また、その後Mojaveにアップデート後にロジックボードを交換したが、こちらも正常に機能したとのことだ。

 iFixitは「T2」セキュリティチップについて、第三者修理を防ぐためのものではなく、修理に使用されたパーツを追跡してパーツの品質や交換時期などをチェックするためのシステムではないかとの推測を述べている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中