このページの本文へ

地球外生命体探索で人類はまだ、湯船一杯分の宇宙しか探していない

Emerging Technology from the arXiv

2018年10月10日 11時59分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これまでの天文学者の努力にも関わらず、地球外知的生命体が存在する証拠は一向に見つからない。ペンシルバニア大学の研究者は、天文学者の探索対象を含む8次元空間の数学モデルを定義して、これまでに探索済みの8次元空間の体積と探索すべき体積を定量的に比較することで、地球外知的生命体探査(SETI)が失敗したわけではないことを示した。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ