このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

60V型は税抜50万円から

シャープ、世界初の8Kチューナー内蔵テレビ「AQUOS 8K」

2018年10月15日 10時30分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは10月15日、世界初をうたう8Kチューナー内蔵テレビ「AQUOS 8K」を発表した。60V型、70V型、80V型の3サイズ展開で、価格はいずれもオープンプライス。

 昨年のLC-70X500より大画面の80V型は200万円を超すが、60V型で8K/4Kチューナーなしのモデルであれば実売50万円台と、従来よりかなり身近な存在となった。発売は11月17日。

AQUOS 8K各製品の予想実売価格
 「8T-C80AX1」(実売216万円程度)
 「8T-C70AX1」(実売108万円程度)
 「8T-C50AX1」(実売81万円程度)
 「8T-C60AW1」(実売54万円程度、チューナーなし)

 チューナー内蔵モデルは8Kチューナーを1基、新衛星4Kチューナーを2基、従来の地上デジタル・BS・110度CSチューナーを3基内蔵する。録画用のUSB端子は、8Kおよび4Kチューナー用が1系統、従来のフルハイビジョン用が1系統と別になっている。つまり4K放送と8K放送の2番組同時録画はできないが、片方を視聴しながら裏番組を録画することはできる仕様だ。

こちらは60V型。スタンドがチルトする。

 本体サイズは80V型モデルの場合、幅181×奥行き44×高さ113.2mm(スタンド取り付け時)。最も小さな60V型モデルでは幅135.4×奥行き44×高さ87.4mmとなる。

AQUOS 8K HDD

 高解像である反面、ビットレートも高い8K放送の録画に合わせて、8K録画用のHDD「AQUOS 8K HDD」(8R-C80A1、実売14万円強)を準備する。テレビとはUSB 3.0で接続し、4TB+4TBのHDDを装備。8K放送を約170時間録画できる。ただし、あくまでも録画用で、ダビングなどには対応しない。観た番組は都度消して容量を確保する必要があるが、HDDは複数台(12台)の登録が可能だという。

AQUOS オーディオ。サウンドバートサブウーファーの2ピース構成

 また、22.2chの立体的な音響を体験できるよう専用のバー型スピーカー「AQUOS オーディオ」(8A-31AX1、実売11万円弱)、外付けチューナーの「AQUOS 8Kチューナー」(8S-C00AW1、実売27万円程度)も合わせて発表した。従来の8Kチューナーは4本のHDMI端子が必要だったが、後日のバージョンアップでHDMIケーブル1本で接続できるようにするという。

 なお、テレビ側は既存の8Kチューナーとの連携も考慮して、HDMIケーブル4本を利用した入力にも対応する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン