このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第15回

iPhoneからSIMカードスロットをなくしたい:

アップルiPhoneデュアルSIM化の理由

2018年10月09日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2018年モデルのiPhoneで、Androidスマートフォンに遅れながらもデュアルSIMへの対応を実現しました。デュアルSIMとは1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを差し込める仕様のこと。個人的にはとてもうれしい機能です。

 筆者は米国と日本を行き来して過ごしていますが、日本では国内の電話番号とデータプランを使った方が快適だし、米国で日本のSIMを差していると電話を受けるだけで100円以上の通話料がかかってしまい、現実的ではありません。渡航先のSIMを飛行機の中で差し替えなければなりませんでした。

 ところが暗くて狭い飛行機内で、おまけに眠い長時間のフライト……よくここまでSIMをなくさずにこなしてきたものです。

 しかしこれでもまだ不完全でした。iPhoneに差し込んでいないSIMは待ち受けができず「圏外」状態になってしまうわけです。それがイヤなら2台のiPhoneを用意するという非経済的な方法を採るしかありませんでした。

 デュアルSIMなら、渡航先のプランも、SIMの差し替えなしに1つのiPhoneで管理できるようになります。もう飛行機の中で、眠い目をこすりながら、小指のつめほどの小さなチップに神経をとぎすませる必要はないのです。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン