このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第148回

ガルパンのリュックをボロボロになるまで使ったらなんと新品をいただきました

2018年10月09日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

見かねたPから新品をいただきました

 秋山優花里御用達のリュックを買って以来、晴れの日も雨の日も風の日も雪の日も背負い続けて早5年。会社員時代は毎日使っていましたし、フリーになってからも出かけるときは必ずこれだったので、すっかりくたびれてしまいました。

 秋山誰それ!? って方もいると思うので簡単に説明しますと、秋山優花里はアニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)に登場する戦車&ミリタリーオタクの女の子。ミリタリーテイストのバックパックを愛用していて、ワタシが使っているのはそのデザインを再現したリュックです。2013年にLUXENTさんから発売されました。

 ガルパンはいつもお仕事でお世話になっていて、アニメ制作時の動作検討用モデルを作ったり関連書籍の編集や執筆をしたり、イベント運営に関わったりといろいろやらせていただいてるんですが、同時にガルパンファンことガルパンおじさんでもあります。当然のようにあれこれ買ってしまうわけで、このリュックもそのひとつ。発売日にはなかなかサイトに繋がらず、やっと繋がったと思ったら品切れというありがちな展開で、悔しい思いをしました。買えたのは二次販売のとき。旅行中にもかかわらず、開始時刻である夜中の12時にひとりパソコンに向かい、ようやくポチることができたのです。

 そんなわけで思い入れのあるこのリュック。秋山殿ばりに愛用していたら、あちこち壊れてきてしまいました。

5年前に購入した秋山優花里リュック。毎日にように使っていたのでヨレヨレです
特に目立つのは右のショルダーベルト。すっかり裂けてしまいました

 リュックを背負うとき、両肩にかけずに右肩だけにかける癖があるため、右のショルダーベルトばかり酷使したせいか、いつの間にか裂け目ができてしまいました。そのまま使い続けていたらどんどん裂けてしまい、いまでは中身のクッションが丸見え。布が丈夫なおかげでちぎれることなく使えてはいるんですが、見た目はかなりヤバめです。

ジッパーのスライダーも壊れています。開閉はできるんですが、ツマミが取れて平らになっているので、つかむのが大変

 よく使う本体と上段ポケットのジッパーもスライダーのツマミがなくなってしまいました。ツマミが外れたのではなく、ツマミが取り付けられているフック状の部分が折れてなくなっているのです。仕方なくスライダーそのものを爪でつかんで動かしていますが、やりづらいことこの上ありません。

 そんな状態のまま、これはもうさすがに寿命かなぁと思いつつ使い続けていたわけですが、ある日、まさかのうれしいできごとが起きました。「そんなになるまで使い込んでくれているなら」と、ガルパンのプロデューサーが新しいリュックをくださったのです。なんということでしょう。たぶん北西ぐらいと思われる方角には足を向けて眠れません。

ジュウロクホウイさんから発売された秋山優花里リュックをいただきました! 杉山Pに大感謝!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ