このページの本文へ

NVIDIA「GeForce RTX 2080 Founders Edition」

RTX 2080 Founders Editionが販売開始、NVLinkも同時発売

2018年10月04日 23時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 20」シリーズから、「GeForce RTX 2080 Founders Edition」が登場。オリオスペックで販売がスタートした。

「GeForce RTX 2080 Founders Edition」と「NVLink Bridge」が初登場

 リファレンスモデルとなるFounders Editionが秋葉原の店頭で販売が始まるのは今回が初めて。入荷したのは並行輸入品で、ショップによる保証期間は2週間(初期不良対応は交換または返金)となる。

 主なスペックは、ベースクロック1515MHz、ブーストクロック1800MHz。搭載メモリーがGDDR6 8GBで、出力インターフェースはHDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3、USB Type-C×1(VirtualLink対応)。補助電源コネクターは8ピン+6ピンで、カードの長さは266.74mm。

2スロット仕様の「GeForce RTX 2080 Founders Edition」。入荷数は少量NVLink SLI対応ビデオカードで利用できる「NVLink Bridge」の在庫もある

 価格は11万4000円(税抜)。なお、パフォーマンスについては、Turing無双!TITAN Vをも超える「GeForce RTX 2080 Ti/2080 Founders Edition」速攻レビューを参照いただきたい。

 また、こちらも初登場。NVLink SLI対応ビデオカードで利用できる「NVLink Bridge」も入荷。3スロット用と4スロット用があり、どちらも価格は1万800円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中