このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第92回

3大学が対応を発表:

iPhoneとApple Watchが学生証に

2018年10月04日 18時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは同社のスマートフォン「iPhone」とスマートウォッチ「Apple Watch」のWalletアプリに、学生用IDカード(学生証)を追加できるようになったと10月2日に発表した。

 対応する大学はアメリカのデューク大学、アラバマ大学、オクラホマ大学の3校。学生はキャンパス内のジムや図書館へのアクセス認証や、ランチやコーヒーなどの支払いをiPhoneやApple Watchでできる。

 なお、アップルは今年度末までにジョンズ・ホプキンス大学、サンタクララ大学、テンプル大学もサポートを開始すると伝えている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中