このページの本文へ

Google Assistant、デジタル商品の販売が可能に

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2018年10月04日 14時50分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google は2018年10月3日、音声アシスタント・Google Assistant でデジタル商品の販売が可能になったと公式ブログで発表した。開発者は新機能を活用することで音声ベースの取引による収益化が可能となる。

会話でデジタル商品購入が可能に

Google Assistant はこれまで物理的な商品の取引を提供していたが、同日よりデジタル商品の販売が可能になる。同社によると、アップグレードや拡張パックといった1回限りの商品の購入や、定期購読手続きが対応する。

たとえば瞑想アプリの Headspace はすでに Assistant に対応しており、会話だけでアップグレードの手続きが可能になった。ロールプレイングゲームの Castle Master でも同じく Google Assistant に話しかけてゲーム拡張パックを購入できる。


アカウント連携を簡単にするGoogle Sign-In for the Assistant

あわせて Google はGoogle Sign-In for the Assistantを発表した。アカウント連携とアカウント作成をシンプルにするための安全な認証方法で、音声でログインして(他の企業が提供する)既存のアカウントと Google アカウントを接続することができる。

スターバックスは Google Sign-In for the Assistant を導入し、Starbucks Rewards にアクセスして店舗で商品購入時にスターを獲得できるようにしたが、Google Sign-In で簡単にログイン可能になったことでログインコンバージョン数が2倍に達したという。従来は Starbucks Rewards を得るために手動でログインする必要があった。


Your Google Assistant gets a makeover on phones
https://www.blog.google/products/assistant/google-assistant-gets-a-makeover-on-phones/


Make money from your Actions, create better user experiences
https://developers.googleblog.com/2018/10/make-money-from-your-actions-create.html

カテゴリートップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング