このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集!第113回

スモールスクリーンの世界に住み続けたい:

さよならiPhone SE バッテリー交換はお早めに

2018年10月04日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは今年9月、大きなiPhoneを発売すると同時に、小さなiPhoneの販売を終了しました。ありがとうiPhone SE、さようなら4インチ(ただし販売終了はアップルストアのみ。キャリア、Y!mobile、UQ mobileでは今も購入可)。

 時間の流れは残酷だなどとなげきつつ、いい機会なので、もちが悪くなっていたiPhone SEのバッテリーを換えることにしました。iPhone 5s以降なら最新のiOSが使えます。アップルも発表会で「地球のためには1つのデバイスを使い続けた方がいい」と言っていたので、地球のためにもiPhone SEを使い続けたい所存です。

 店頭でのバッテリー交換はアップルのウェブサイトから予約できます。

■バッテリー交換について
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

 iPhone SEとiPhone 6以降のモデルは、今年12月31日まで期間限定で保証対象外バッテリーサービス料金が3200円と安いです(通常8800円~。来年から通常5400円~に値下がり)。交換を考えているなら忘れないうちに予約したほうがいいですよ。作業工程でデータが消えてしまう可能性もあるので、予約時間までにiTunesなどでiPhoneのバックアップデータをとっておくのも忘れずに。

 バッテリー交換作業をしてもらったのはApple銀座ジーニアスバー。偶然ですが、同じテーブルで修理の受付をした4人のうち3人がバッテリー交換を依頼していました。iPhoneのバージョンはちがいましたが、考えることは同じようです。

 iPhone SEは約2年使ってきて、だいぶバッテリーの減りが早くなっていました。店員に専用アプリでバッテリーの状態を確認してもらったところ、最大容量は86%程度に落ちていました。アップル基準80%以上は満たしているので一応は正常な動作範囲内ということ。ただ充放電回数が1000回近く、アップル基準500回のおよそ倍に相当したため、交換したほうがいいですねということになりました。

 ちなみにiOS 12では設定アプリからバッテリーの項目をひらくと、バッテリーの最大容量がわかります。電力消費状態をグラフで見たり、電力を使っているアプリを知ることもできます。充放電回数はWindowsもしくはMac向けのバッテリー診断系アプリで見られるので一度たしかめてもいいかもしれません。

 バッテリー交換作業は依頼から2時間ほどで終わりました。運良くデータが消えていなかったので、面倒もなく、とても簡単でした。依頼時は、基板が水でぬれているなどの理由でバッテリーのもちが悪くなっていた場合は端末ごと交換になり、修理料金が変わってくるためご注意くださいという説明も受けましたが、幸いにも無関係ですみました。設定からバッテリーの状態をたしかめると最大容量がしっかり100%になっていました。これであと2年は戦えるという希望がもてます。

 余談ですが、アフターケアによって昔のモデルを長く使えるというのは、アップルの高級ブランドらしさがあらわれた部分かなと感じました。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中