このページの本文へ

プラネックス、カメラ映像をAmazon Kinesisに伝送する装置

2018年10月03日 16時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年10月3日、プラネックスコミュニケーションズは同社のネットワークカメラ「スマカメ」の映像をAmazon Kinesisに伝送する「スマカメクラウドレコーダー for Amazon Kinesis VR500-AKI」を発表した。

 Amazon Kinesisは動画やデータストリームをリアルタイムで収集し、分析するためのAWSのサービス。VR500-AKIをスマカメシリーズと同一のネットワークに接続することで、最大同時10台のスマカメシリーズをAmazon Kinesisへ接続可能にする。Amazon KinesisのVideo Streamsとして利用でき、録画や映像配信のほか、画像解析やそれらに基づいたWebサービスの構築などさまざまな用途で活用できるとのこと。設定はWeb設定画面から可能。

スマカメクラウドレコーダー for Amazon Kinesis VR500-AKIのネットワーク構成

 対応のスマカメは、CS-QP80F、CS-QP50F、CS-QR100F、CS-QR30F、CS-QR300、CS-QR220、CS-QR22、CS-QR20、CS-QR10。参考価格は税抜3万円。

カテゴリートップへ

ピックアップ