このページの本文へ

タブレットを搭載した次世代型キッズ向けIoTカート

「スマートキッズカート」、銀行でも実証実験

2018年10月03日 17時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネオスは10月3日、タブレットを搭載した次世代型キッズ向けIoTカート「スマートキッズカート」の実証実験を埼玉りそな銀行 浦和美園出張所および所沢東口支店において開始したと発表した。

 スマートキッズカートは知育コンテンツを内蔵したタブレットを搭載し、子供にはアプリやコンテンツを楽しんでもらうとともに顧客の動きなどをデータ収集・顧客行動調査に活用できるもの。これまでショッピングセンターなどで実証実験を行なっていたが、口座開設時や保険・ローン・資産運用といった手続きや相談に一定の時間が必要となる銀行窓口の利用での実証実験。10月5日まで行なわれる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ