このページの本文へ

業務委託契約による3ヵ月のお試し期間を通し、求職者と企業が相性を確認できる

若手IT人材の獲得を支援する「TRYOUT」先行利用企業の募集開始

2018年10月08日 11時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パラフトは10月8日、若手IT人材に特化した紹介予定業務委託サービス「TRYOUT」において、先行利用企業の募集を開始したと発表。

 TRYOUTは、業務委託契約による3ヵ月のトライアウト(お試し)期間を通し、求職者と企業の双方が相性を確認したあと、正社員としての採用是非を判断できる。希望求人情報のヒアリングから、正社員採用時の条件調整までをエージェントがフォローする。

ウェブサイトイメージ

 数多くの日本企業が抱える「若手人材が採用できない」「IT系人材が採用できない」「若手のミスマッチによる短期離職が多い」などの課題を解決する仕組みだとしている。

 今回の先行利用企業募集では、11月7日予定のリニューアルリリース時点で求人を出せる企業を20社限定で募集する。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ