このページの本文へ

ファーウェイ、ハイエンド級性能のお手頃SIMフリー機「HUAWEI nova 3」

2018年10月02日 14時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、SIMフリースマホの新モデル「HUAWEI nova 3」を発表した。発売日は10月5日で、価格は税抜5万4800円。

HUAWEI nova 3

 HUAWEI novaシリーズは従来ミドルクラスの比較的コンパクトなモデルで提供されていたが、今モデルは想定ユーザーの年齢層が若干低めなのは共通であるものの、大画面のハイスペックモデルをオトクな価格で提供する1台になっている。

 特にインパクトがあるのがアイリスパープルのカラバリ。3D加工の滑らかな曲線を描く、背面のガラス素材は見る角度で変わる青と紫のグラデーションでインパクト大だ。

 ディスプレーはノッチ付きの6.3型という大型液晶を採用。とはいえ、縦長画面により、横幅は75mmを下回る約73.7mmに抑えられている。そしてCPUはHUAWEI P20などと同じ、同社現行ハイエンド機に用いられている「HUAWEI Kirin 970」(2.36GHz+1.8GHz、オクタコア)。ハイエンドクラスの処理性能を持っている。

 この処理性能はカメラのAI処理に活かされている。Leicaの名称こそ付かないが、16メガのカラーセンサーと24メガのモノクロセンサーの組み合わせによるダブルレンズカメラは、AIアシスト機能を持ち、22のシーンから自動的に被写体を認識して、最適な設定で撮影してくれる。インカメラも24メガ+2メガのデュアルで、こちらも同じくAIによる自動シーン設定機能を持つ。

 そのほかの主なスペックは、4GBメモリー、128GBストレージ(microSDによる増設に対応)、3750mAhバッテリー、Android 8.1(EMUI 8.2)など。生体認証は背面の指紋センサーのほか、顔認証も搭載する。ネットワーク面ではDSDVをサポートし、au VoLTEにもアップデートで対応予定となっている。

ファーウェイ「HUAWEI nova 3」の主なスペック
ディスプレー 6.3型液晶(19.5:9)
画面解像度 1080×2340ドット
サイズ 約73.7×157×7.3mm
重量 約166g
CPU HUAWEI Kirin 970
2.36GHz+1.8GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.1(+EMUI8.2)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17
/18/19/26/28/38/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:16メガ(F値1.8、RGB)
+24メガ(F値1.8、モノクロ)
/イン:24メガ+2メガ
バッテリー容量 3750mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ アイリスパープル、ブラック

カテゴリートップへ