このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

女性ゲーマー必見!編集部つばさも大満足

30台限定!白色と珍しい最新ゲームも60fpsで動作するゲーミングノートPCの実力とは

2018年10月03日 11時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エイサーは9月27日に、ゲーミングノートPCとしては珍しいホワイトとゴールド色を採用した日本市場限定30台となる「Predator Helios 300 WHITE EDITION(PH315-51-A76H/W)」を発売した。Acer Direct楽天市場店、ビックカメラ.com、ソフマップ・ドットコムで購入が可能。Acer Direct楽天市場店販売価格は24万2000円。

 本機のスペックは、すでに発売されている「Predator Helios 300(PH315-51-A76H)」(以下、PH315-51-A76H)と同じ。15.6インチの144Hzと、高リフレッシュレート対応の液晶ディスプレーを備え、ヌルヌル快適な表示を実現。FPSやTPSでの細かな動作も再現し、快適にプレイできるのが特徴だ。

 また、PH315-51-A76Hと異なり、限定モデルであるPH315-51-A76H/Wには、本体の色に合わせたデザインのオリジナルイヤホン、マウス、マウスパッドが同梱されている。価格はやや高価だが、特別色の筐体と、特別製の周辺機器も加えた30台限定品の価格と考えれば、決して高すぎはしない。

同梱のマウスはゴールドを基調としたあまり見ないデザイン。イヤホンは白にゴールドといった、シンプルなデザインながらエレガントな印象
「Predator Helios 300 PH315-51-A76H/W」の主なスペック
液晶デイスプレー15.6インチ(1920×1080ドット 144Hz IPS ノングレア)
CPUCore i7-8750H(6コア/12スレッド、2.2~4.1Hz、共有L3キャッシュ容量9MB)
チップセットIntel HM370
メインメモリ16GB(DDR4-2666 8GB×2)
グラフィックスGeForce GTX 1060(6GB)
SSD(システムドライブ)256GB(Serial ATA 6Gbps)
HDD(データドライブ)1TB(Serial ATA 6Gbps)
通信機能IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth5.0
インターフェースHDMI出力(HDCP対応)、USB3.1 Type-C、USB3.0、USB2.0×2、ギガビットLANほか
サイズ/重量390(W)×266(D)×26.75(H)mm/約2.7kg
OSWindows 10 Home(64ビット)

 CPUは6コア12スレッドの第8世代Core i7-8750Hを採用。GPUはフルHDならほとんどのゲームが快適に動作するGeForce GTX 1060(6GB)と、ゲーミングノートPCとしては十分な性能を有する。

 インターフェースも「PH315-51-A76H」と変わらない。USBポートがType-Cも含め4つ、HDMI出力、ギガビットLAN、SDカードリーダーと実用的な数をそろえる。

USBは左側面が3.0、右側面はあまり速度が必要ないマウスなどの入出力機器想定なのか2.0で構成されている

 唯一、PH315-51-A76Hと違うのは、限定モデルと数が限られているため、キーボードが103キーの英語配列のみであること。日本語配列と異なり、全角/半角キーがないなどの違いがあるため、日本語配列のみを使い続けていた人は、やや慣れが必要だ。

キーボードは英語配列。ゲームで移動などに使われる[W][A][S][D]がゴールドで彩られ強調されているところなどはPH315-51-A76Hと同じ

 ゲーミングノートPCといえば、そのほとんどが基調色がブラックであるが、本機はベースがホワイトでアクセントとしてゴールドが使用されたデザインを採用。ホワイトやピンクといった、明るい色を好む最近増えている女性ゲーマーにも向いている。

 そこで、ふだんから「フォートナイト」などを嗜む編集部の女性編集者であるつばさに、実際に使ってもらい、女性ならではの視点で感想を聞いてみた。

前へ 1 2 3 次へ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック