このページの本文へ

特集記事

Black Hat USA 2018/DEF CON 26 ラスベガス現地レポート

Black Hat USA 2018/DEF CON 26 ラスベガス現地レポート

2018年8月、米国ラスベガスで開催された「Black Hat USA 2018」と「DEF CON 26」。世界中のセキュリティ専門家とヤバイ級ハッカーが集結する同イベントで報告された、最新の脆弱性/ハッキングテクニックを現地レポートする。

2018年09月25日 07時00分更新

文● 谷崎朋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 学生2人組でBlack Hatに登場、自作の攻撃解析ツール披露!

    2018年09月25日 07時00分

    ドライブバイダウンロード攻撃解析ツール「EKTotal」、@nao_secの情報発信で世界に活躍の場を広げる小池氏&野村氏

    学生2人組でBlack Hatに登場、自作の攻撃解析ツール披露!

    「Black Hat USA 2018」のデモ展示会場で、共同開発したセキュリティツール「EKTotal」をデモする2人組がいた。その学生2人組、小池倫太郎氏と野村敬太氏に話を聞いた。

  • 機械学習を活用したツールでBlack HatとDEF CONに乗り込んだMBSD高江洲勲氏

    2018年08月29日 07時00分

    サーバー攻略から企業NWの深層へ侵入する「Deep Exploit」「GyoiThon」

    機械学習を活用したツールでBlack HatとDEF CONに乗り込んだMBSD高江洲勲氏

    セキュリティカンファレンス「Black Hat USA」と「DEF CON 26」にて、3日間、計3か所の展示スペースでツールをデモ展示した強者がいる。

  • FAX番号だけで複合機が乗っ取られる“Faxploit”脆弱性公表

    2018年08月21日 07時00分

    FAXの標準規格に脆弱性が発覚、研究者は「複合機経由で社内LANにも侵入できる」ことを実証

    FAX番号だけで複合機が乗っ取られる“Faxploit”脆弱性公表

    米国で開催されたハッカーイベント「DEF CON 26」において、ITU-Tが定めるFAX通信規格「T.30」の脆弱性を悪用したデジタル複合機(MFP)への攻撃手法が公表された。この攻撃でオフィスの複合機を乗っ取り...

ピックアップ