このページの本文へ

macOS Mojaveの「ダークモード」使い方

2018年09月27日 12時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「macOS Mojave」がリリースされ、複数の新機能が加わりました。今回はそのうちのひとつ「ダークモード」を紹介します。

「macOS Mojave」

 ダークモードとは、メニューや背景の配色を、白基調から黒基調に変更させる機能です。ダークモードで画面全体の色調を黒くすることで、コンテンツを目立たせる効果や、目の疲労を抑える効果があるそう。

従来の色調である「ライトモード」
「ダークモード」

 設定方法は簡単です。「システム環境設定」→「一般」をクリック。

 ウィンドウ上方にある「外観モード」の「ダーク」をクリックしましょう。

 ダークモードに切り替わりました。

 ダークモードでは、Dockの背景やアイコンの色も変化します。デザインを変化させることで、ちょっとした気分転換ができるかもしれません。たとえば、ゴミ箱などはさりげなく暗くなっていて、非常に凝っていますね。

「ライトモード」の「ゴミ箱」アイコン「ダークモード」の「ゴミ箱」アイコン

 コンテンツ制作系のアプリケーションを使う際などは、この方が視認性がよくなるかもしれません。ぜひ役立ててください。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中