このページの本文へ

東京ゲームショウ2018レポート第19回

ROG×バウヒュッテの快適ゲーム環境をTGS 2018で体験! 最大28%の会場限定割も

2018年09月21日 20時00分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月20日から4日間の日程で幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ2018」。注目ゲームの発表や展示も気になるところだが、近年はPCゲーム市場の盛り上がりも手伝って、ゲーミングデバイスメーカーやPCメーカーの出展も非常に多くなってきている。

 会場のホール9には、ASUSのゲーミングブランド「ROG」と、ゲーミング家具ブランドとして知られる「バウヒュッテ(Bauhutte)」の合同展示ブースが出展されていた。“デスク秘密基地化計画”をテーマに、ゲーミングデバイスとチェア・デスク環境を組み合わせた快適なゲーミング環境を体験できるほか、来場者限定特別価格での製品販売を実施するなど、ゲーマー要注目のブースだ。

特別価格での製品販売も! 快適ゲーム環境目白押し

ブースには複数の環境が設置されており、さまざまなゲーミングソリューションを実際に体験できる
オットマン付きチェアで見上げながらゲームができるリッチ環境。この規模のデスク環境は実店舗でもなかなか試せないので、レアな機会と言える
会場内の自作PCにはROGブランド製品が使用されている

 ブース内には、ROGブランド製品を使用したPCとバウヒュッテのデスクやチェア、ラックといったゲーム向け家具を組み合わせた体験コーナーが複数設置されており、実際にゲームをプレイしながらリッチなゲーム環境を堪能できる。

ゲームを遊ぶための環境がまるごと整えられているので、自宅よりリラックスしてゲームができそうな気も……
「エクササイズデスク BGD-780」を活用したゲームとエクササイズを両立できるユニーク環境
3面ディスプレーでレースゲームを体験できるコーナー。隣にはバウヒュッテのラックも

 L字昇降デスクを活用したPCゲーム環境の展示や、話題になった1人用テント「ぼっちてんと」内にディスプレーとPCを設置した“ゲーミングキャンプ”のように、自力ではなかなか試せないようなユニークな展示もあった。なお、来場者は一部製品を特別価格で購入できるほか、会期中のみのプレゼントキャンペーンも実施されている。

「ぼっちてんと」を活用した“ゲーミングキャンプ”展示
中にディスプレーとPCが入っており、周囲を気にせずゲームに没頭できる
来場者限定のプレゼント企画や、特別価格での製品販売も行なわれていた

 また、9月20日から販売開始されたばかりの新GPU「GeForce RTX 2080」搭載のグラフィックスボードを採用した展示PCや、来週27日に販売開始予定のRTX 2080 Ti搭載グラフィックボード、国内未発売のヘッドセット「ROG DELTA」の展示も。さらに、ブースの一角にはフロントに液晶ディスプレーを内蔵するMOD PCが設置されていて、通りがかった人の興味を引いているようだった。

このコーナーはROG最新製品の展示も兼ねている
「GeForce RTX 2080」搭載グラフィックスボードを内蔵するPC
来週27日発売の「RTX 2080 Ti」ボードも展示されていた
国内未発売のヘッドセット「ROG DELTA」
会場の一角にはMOD PCが
フロント部分がディスプレーになっており、「プログラミング生放送」の公式キャラクターである“プロ生ちゃん”こと暮井 慧の映像などが流れていた

 会場ではゲームショウ最終日の9月23日(日)まで展示が実施されている。新たなゲーミング環境を吟味しに行くもよし、特別価格の製品をゲットしに行くもよしなので、興味があればブースを訪れてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事