このページの本文へ

セキュリティー対策を十分に行なえない10人以下の小規模事業所向け

AI技術とオンサイト対応を組み合わせたセキュリティー「RICOH サイバーセキュリティパック」

2018年09月14日 14時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RICOH サイバーセキュリティパック」

 リコージャパンとソフォスは9月12日、AIとオンサイト対応を組み合わせた小規模事業所向けのマネージドセキュリティーサービス「RICOH サイバーセキュリティパック」を発表。9月21日に発売する。

 セキュリティー対策を十分に行なえない10人以下の小規模事業所向けとして、複数のセキュリティー機能を1台に集約したUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理装置)の導入設置から遠隔監視、マルウェアの検知・駆除、通知、顧客先でのデータ復旧までをパッケージ化。

 ソフォスのエンドポイントおよびネットワークセキュリティー技術を活用、マルウェアの構造をAIが学習し、未知のマルウェアも検知するという。遠隔監視やデータ復旧、業務再開支援などはリコージャパンのセンター&オンサイト保守を組み合わせている。

価格および提供時期

 9月21日より販売開始。当初は基本システムと検出・駆除・通知などのサービスをセットした「みまもりプラン」を提供。クラウドバックアップやオンサイトリカバリーサービスを含む「みまもり復旧プラン」は2019年初旬提供予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ