このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第73回

複数台のPCにAcrobat DCをインストールして活用してみる

2018年09月27日 15時30分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第73回は、複数台のPCにAcrobat DCをインストールして活用してみる。

Acrobat DCは1契約で2台までインストール可能

 Acrobat DCは1契約で2台までインストールして利用できる。たとえば、オフィスに置いているデスクトップPCと外出先で使うノートPCの両方にインストールして利用できるのだ。

 利用を開始する場合は、アプリをインストールして起動し、Adobe IDを入力すればいい。もし、3台目以降となる別のPCにAcrobat DCをインストールしたい場合は、既存のどちらかのPCのライセンス認証を解除する必要がある。もし、そのままインストールしてもライセンス認証ではじかれてしまう。

 ライセンス認証を解除するには、Acrobat DCを起動し、「ヘルプ」メニューから「サインアウト」をクリックする。確認ダイアログが表示されるので、もう一度「サインアウト」をクリックすればOK。そのPCのAcrobat DCは利用できなくなり、ライセンスに1つ余裕ができる。この状態で3台目のPCでライセンス認証を行なえばいい。

 「上限に達しました」画面が表示されているなら、「ここでログインできるように別のコンピューターから手動でログアウト済み」にチェックして「続行」をクリックしてもいい。その作業が面倒なら、「ほかのコンピューターから自動的にログアウトして、ここでログインする」をクリックすればいい。ただし、2台ともライセンスがライセンス認証が解除されてしまうので、解除したいPCが決まっているなら手動で操作した方がいい。

3台目にアプリをインストールして認証しようとすると、はじかれてしまう
1台目もしくは2台目のAcrobat DCで「ヘルプ」メニューから「サインアウト」をクリック
もう一度「サインアウト」をクリック
サインアウトできた
3台目で「ここでログインできるように~」にチェックして「続行」をクリックすれば認証される

 Acrobat DCを利用している1~2台目のPCが故障したり廃棄したりして、手元にない場合はライセンスの解除操作ができない。「上限に達しました」画面でほかのコンピューターから自動的にログアウトすることもできるが、アドビIDの設定ページからPCを選択してライセンスを解除することも可能だ。

 設定画面から「プランを管理」を開き、下にスクロールして、「ライセンス認証したデバイス」を表示する。解除したいPCの右にある「ライセンス認証を解除」をクリックし、確認ダイアログでもう一度「ライセンス認証を解除」をクリックすれば解除される。

アドビIDの設定ページを開き、「プランを管理」をクリックする
「ライセンス認証したデバイス」から解除したいPCの右にある「ライセンス認証を解除」をクリック
確認ダイアログでもう一度「ライセンス認証を解除」をクリックすれば解除される

 Acrobat DCのサブスクリプション版をインストールする際には、インターネット接続が必要になる。しかし、たとえばノートPCなどでインターネットにつながずに利用するケースがあるかもしれない。サブスクリプションの支払いが月ごとの場合は、30日でインターネットへの接続を求められる。年払いの場合は、最大99日までオフラインを延長することが可能だ。

 短時間で頻繁にライセンスの認証と認証の解除を行うと、しばらくアカウントに状態が反映されなくなり、「登録を初期化しています・・・」と表示されることがあるので、しばらく待とう。

 なお、Acrobat DCの永続ライセンスを利用しており、PCが故障や破棄などで使えなくなった場合は、アドビカスタマーサポートに連絡すれば対応してもらえる。

この表示が出たときは、しばらく時間をおこう

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事