このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集!第24回

「地球に優しいiPhone」推し:

アップルがiPhone XS発表直後「5s」延命に触れたワケ

2018年09月13日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現地時間9月12日、アップルが「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種を発表した。発表直後にはXSなのかXsなのか、アップルのサイトを含め大文字小文字の表記に混乱がみられたが、これが正しいようだ。

■Plusの置き換えを狙うXS Max、価格差はXRで穴埋め

 アップルが「iPhone Xを次のレベルへ進化させる」と言うように、「iPhone XS」はXの順当なモデルチェンジといえる。新しいCPUの「A12 Bionic」は、特にニューラルエンジンを強化してきた。クラウド上ではなく端末上でリアルタイムに人工知能(AI)分野の技術を使いたい場面では、プロセッサーの力次第となる。この方向性は他社の最新CPUと同じだ。

 6.5インチの「iPhone XS Max」はXSの大画面モデルだ。連載記事で指摘したように、サイズ感は5.5インチの「Plus」シリーズとほぼ同じ。Plusからの買い換えを促しつつ、6インチ台に突入した最新Android機と真っ向勝負するモデルだ。気になるのは税別12万4800円からと価格もマックスになったことで、果たしてどれくらいのユーザーがついてこられるのかという点だ。

 答えになりそうなのが6.1インチの「iPhone XR」だ。有機ELではなく液晶、カメラも1眼とスペックは控えめだが、基本性能はXSに近い。価格はiPhone 8とXの間を埋める税別8万4800円から。10万円超のiPhone XSに手を出せない人にも最新AIやFace IDの体験を届ける「X」シリーズ入門機というべき存在だろう。

 新モデルの中身は予想を大きく上回るものではなかったといえる。だが筆者の眠気が飛んだのは、6月のWWDCで発表した、iOS 12による旧モデルiPhoneの高速化に再び触れたことだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中