このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第120回

シャープの技術が濃縮されたハイエンドスマホ「AQUOS R2」

2018年09月18日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2017年に端末のラインアップを一新したシャープ。そのラインアップのなかでハイエンドモデルに位置するのが「AQUOS R」シリーズ。今回はその最新モデル「AQUOS R2」をレビューする。ちなみにシャープはハイエンドデルに関しては、どのキャリアも同じモデルを投入。今回紹介するのはau版だが、ドコモ、ソフトバンク版も基本的には同じだ。

3キャリアからリリースされているシャープのハイエンドモデル「AQUOS R2」

 ディスプレーサイズは6型で、解像度は1440×3040ドット。最近のトレンドでもある長辺の長い19:9のアスペクト比はとなってる。ただしディスプレーの4角は丸みがあり、さらにディスプレー上部にはノッチがあるので、キッチリとした長方形ではない。

カメラ周りの部分だけディスプレーに食い込んでいる
角を落としたデザインで全体的に丸みがある

 ノッチ部分は、カメラ回りのみに限られたいわゆるティアドロップ型。ディスプレーへの侵食部分は小さくなっているので、慣れてくればあまり気にならない。

 ディスプレーのパネルはシャープのスマートフォンでは定番のIGZO液晶。リフレッシュレートこそ100fpsと前モデルの120fpsより劣るが、タッチの応答速度などは改善されている。そのため実際に操作してディスプレーを見た印象としては、前モデルとほとんど変わらない滑らかな画面スクロールを実現している。

アプリごとにハイスピード表示をオンにするか設定できる

 本体サイズは約74×156×9mmで、重さは約181g。ディスプレー下部に指紋認証センサーを搭載しているため、下部のみベゼル幅があるが、そのほか3辺は狭額縁化が計られており、6型とはいえ幅は74mmなので、しっかりとグリップできるサイズだ。

幅は約74mmで片手でもしっかりとホールドできるサイズ
厚さは9mmで薄い端末ではないが、カメラ部分以外に突出した部分はない
USBはType-Cを採用している

 指紋認証センサーは設定変更でホームボタンとしても利用可能。さらにジェスチャー機能で、戻るなどナビゲーションキーの機能をすべて割り当てられる。その際にはディスプレー上のナビゲーションキーは非表示になるので、画面を広く使えて便利だ。

標準設定ではナビゲーションキーがディスプレーに表示される
設定で指紋認証センサーをナビゲーションキーにも対応させられる

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン