このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第119回

カメラ以外にもAIを搭載したコスパ良しのハイエンド「ZenFone 5Z」

2018年09月15日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSの最新スマートフォン「ZenFone 5」シリーズは3つのモデルをラインアップしているが、「ZenFone 5Z (ZS620KL)」はCPUにオクタコアのSnapdragon 845を搭載した最もハイスペックなモデル。AI対応の機能を数多く搭載するなど、流行の機能や性能をしっかりとカバーした製品に仕上がっている。価格は6万9800円(税抜)。

トレンドをしっかりとおさえたハイエンドモデルの「ZenFone 5Z (ZS620KL)」

 デザインは背面にガラス素材を採用。角や縁は丸みのあるデザインだが背面自体はフラットな形状。本体カラーはシャイニーブラックとスペースシルバーの2色。かなり光沢はあるが、レビューに使用したシャイニーブラックに関しては、指紋は指でペタッと触ってもあまり指紋は目立たない。

指紋認証センサーが高い位置にありタッチしやすい

 ディスプレーは6.2型で解像度は1080×2246ドット。アスペクト比は19:9と長辺が長いタイプ。ただしディスプレー上部はフロントカメラなどのエリアがノッチ(切り欠き)になっている。設定で通知領域を黒にする機能も装備し、ノッチ部分が目立たなくなるような機能も用意されている。

ノッチの部分は意外と大きい
通知領域を黒にするとほとんど目立たなくなる
ホームボタンなどは非表示にできる

 SIMスロットは本体右側面に配置されており、nanoSIM×2のデュアルSIM仕様。DSDVに対応しており、国内大手3キャリアいずれの回線も利用可能。ただし、SIMスロットの片側はmicroSDカードと共用のため、microSD装着時はDSDVにはならない。とはいえ内蔵ストレージは128GBもあるので、動画などを多くため込まなければ、microSDを使わなくても十分な容量だ。

SIMスロットはトレー式で、片方はmicroSDと共用

 対応するLTEバンドは、B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28/B38/B39/B41。TD-LTEも3バンド対応しているので、どのキャリアの回線で使ってもエリアや通信速度に関してはストレスなく使えそうだ。

 CPUはオクタコアのSnapdragon 845で、メモリーは6GB。内蔵ストレージは前述のように128GB。スペック自体は現時点でトップクラスともいえる。Snapdragon 845はGPUにAdreno630を搭載しているので、スマートフォンとしてはグラフィック性能もポテンシャルが高く、3Dゲームなどグラフィック処理のヘビーなアプリが目的のユーザーにもオススメだ。

 各種ベンチマークの結果は以下の通り。最新のハイエンドCPUを搭載していることもあり、スコアランキングとしてはいずれも上位に位置する。

AnTuTu BenchmarkGeekbench 43DMark

 指紋認証センサーは本体背面中央のやや上。片手でグリップしたときに人差し指を当てやすく、意識して指を無理に曲げたりしなくてもスッとタッチできる位置にあるため、ロック解除などが自然に行なえる。

 本体サイズは約75.6×153×7.7mmで重さは約165g。ボタン類は右側面に電源ボタンと音量ボタンを配置した一般的なレイアウト。USB Type-Cでイヤホンジャックもあるため、有線のイヤホンを使うときに別途アダプターなどは必要ない。

実測では167gだった
指紋認証センサーをスクロールに使えるので、この位置にあるのは使いやすい
本体をひっくり返して操作するなどジェスチャー機能も豊富

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン