このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第72回

PDFの関連付けがAcrobat DCから外れてしまう場合の対処法

PDFファイルを常にAcrobat DCで開くようにする方法

2018年09月12日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第72回は、PDFの関連付けがAcrobat DCから外れてしまう場合の対処法を紹介する。

PDFファイルの関連付けをAcrobat DCに変更

 Windows 10をアップデートしたり、なんらかのソフトウェアをインストールしたときなど、PDFファイルの関連付けがEdgeブラウザーなどに変更されることがある。そうすると、ダブルクリックしてもAcrobat DCが起動しなくなり、ファイルメニューから読み込んだりドラッグ&ドロップして表示しなければならないので面倒だ。そんな時は、関連付けをAcrobat DCに変更しよう。

 まずは、一番簡単な方法を紹介する。PDFファイルの右クリックメニューから「プログラムを開く」を開き、「別のプログラムを選択」をクリックする。「Adobe Acrobat DC」が選択肢に表示されていても、あえて別のプログラムを選択すること。

 すると、「このファイルを開く方法を選んでください」というダイアログが出るので、「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れる。その後、「Adobe Acrobat DC」を選択し、「OK」をクリックすればいい。関連付けが変更され、PDFファイルのアイコンがAcrobatの画像に変わる。

右クリックメニューから「プログラムを開く」→「別のプログラムを選択」をクリック
「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れ、「Adobe Acrobat DC」を選択する
Acrobat DCでファイルが開くのと同時に、関連付けも変更される。次回以降はダブルクリックするだけでAcrobat DCが起動するようになる

 まれに、上記の方法で関連付けを設定しても、PCを再起動するなどなんらかのタイミングで元に戻ってしまうトラブルが報告されている。そんな時は、アプリの関連付け設定から、ファイル形式を選択してみよう。

 まずは、「設定」から「アプリ」→「既定のアプリ」を開き、画面下にスクロールして「アプリによって規定値を設定する」をクリックする。アプリ一覧が開くので、「Adobe Acrobat DC」を選択し、「管理」をクリックする。すると、Acrobat DCに関連づけられるすべてのファイルタイプが表示され、右側に関連づけられているアプリが表示される。基本的に、Acrobat DCになっているはずだが、「既定を選ぶ」もしくは他のアプリに関連づけられている場合、クリックしてAcrobat DCを選べばいい。アイコンが変われば完了だ。

「設定」から「アプリ」→「既定のアプリ」を開き、画面下にスクロールする
「アプリによって規定値を設定する」をクリックする
「Adobe Acrobat DC」を選択し、「管理」をクリックする
PDFファイルをクリックする
「Adobe Acrobat DC」を選択する
Edgeから切り替える場合は警告ダイアログが出るが、「強制的に変更する」をクリックする
関連付けが変更された。以降はPDFファイルをダブルクリックすると、Acrobat DCが起動するようになる

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事