このページの本文へ

ナベコのファミレスちょい飲み巡り「ナベログ」第4回

ナベコイチオシメニューは「いかときのこのアヒージョ」

デニーズでファミレス飲み! プレモル飲めて料理が超おいしくてオススメ

2018年09月07日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回行ってきたのは「デニーズ」!定番のファミレスですが、お酒のメニューも充実していますよ。

 アスキーの酒好きグルメ担当ナベコです。最近はファミレスも「ちょい飲み」メニューが増え、居酒屋のような感覚で利用する人が増えています。そこで、この連載では全国各地に展開しているお酒を飲めるファミリーレストランをご紹介します。

 お酒や料理のレポートはもちろん、飲んでいて居心地がいいか、他のお客さんはどういう人がいるのか、といった全体の雰囲気や細かい設備などもチェックします。お箸は割り箸か、おしぼりは使い捨てのペーパータオルか、などなど。

※あくまで記者が取材した店舗を基にした情報です。同じチェーン店でも店舗によって環境が異なる場合もあります。また取材時のメニューの提供が終了している可能性もあります。予めご了承くださいませ。

 今回は「デニーズ」。洋食が中心のスタンダードなファミレス。昨年ごろからちょい飲み系メニューも拡充させつつあります。そんなデニーズ飲みを体験してきました。

店舗情報
「デニーズ」
ジャンル:洋食メインのレストラン
https://www.dennys.jp/

ビールはプレモル
ファミレスとしてはリッチ感満載

 ファミレスの中には郊外中心に出店しているチェーンもありますが、デニーズは都心部やオフィス街にも店舗があります。今回は都心部のデニーズに平日夜行きました! 席は8割近く埋まっており、ほどよく盛況。社会人や学生が夜ご飯に利用しているようでした。

 さて、飲むぞ!

「ザ・プレミアム・モルツ」(449円)

 席についてさっそくビールを頼みました。デニーズの生ビールは「ザ・プレミアム・モルツ」。ちょっとお高めなプレミアムビールなので、テンション上がりました。ジョッキもプレモル専用のウエストがくびれたタイプ。

専用ジョッキです。リッチな雰囲気。

 ビールの液体と泡の寸法を測ったところ。液体14cmに対して、泡が3cm。ただし、専用ジョッキのため、まっすぐなグラスでの計量とは異なります。個人的にはもうちょっと泡をたっぷり入れてもらったものが好きですが、とはいえ、黄金に輝く液体はおいしそう!

 カンパーイ! プレモルはやっぱりうまい。

 ビールを流し込みつつ、店内の様子を見てみました。ファミレスならではの明るい照明で、行ったデニーズだとソファー席が多くくつろぎやすい雰囲気でした。明るいため飲み屋さんとは印象がかけ離れていますが、ワイワイ騒いで飲みたいのでなければアリなのではないでしょうか。

 もちろん分煙をしているので、たばこの煙が気になる人にはありがたいです。

ボタンで店員さんに来てもらってオーダー。

 各テーブルには呼び出しボタンがあって、オーダーは口頭で店員さんに伝えます。居酒屋でありがちな注文用タブレットはファミレスにはありません。

おしぼりは使い捨てタイプ。

 おしぼりは使い捨てタイプのペーパータオルでした。

ファミレスならではのトレイでお箸とシルバーが提供。

 お箸やシルバーは、ひととおりセットで提供されました。お箸は木製のもの。

お箸は使い捨てではなく木製でした。

 なお、ファミレスは店舗によっては小皿が特にない場合もありますが、デニーズではおつまみメニューを頼んだら小皿を一緒に出してくれましたよ。

ちょっと手の込んだ洋食メニューが魅力

 結論から言うとデニーズは食事がおいしかったです! おつまみになるメニューもレベルが高い。

「ビーフパストラミ&生ハム」(349円)

 オシャレな雰囲気のひと皿。生ハムと香辛料で調味した肉の燻製「ビーフパストラ」がのっています。オリーブオイルがたっぷりかかっているところが上質。

 生ハムは柔らかくて幸せな食感。いけない、ワインが欲しくなるやつだ。ビーフパストラは塩気とピリピリしたスパイスシーさがあって、ビールにも合います。

「いかときのこのアヒージョ」(399円)

 デニーズ洋食めっちゃいい。続けて「いかときのこのアヒージョ」を頼みました。アヒージョとは野菜や海鮮のオイル煮のこと。

バケットと合わせていただきます。

 具材は、いか、きのこ、マッシュルーム、ブロッコリー、プチトマト。一緒に提供されるバケットと一緒に。アツアツです! 塩気が濃くてお酒にぴったり。スペイン料理なのにどこか食べ慣れた味がします。お出汁でもつかっているのかも。真相はわからないですが。

「牡蠣フライ~広島県産牡蠣使用」(249円)

 洋食というと「牡蠣フライ」。ひと皿2個というのもおつまみには手軽です。レモンとタルタルで。ソースも一緒に出してもらえます。

「レストランソース」を出してもらえました。

 大粒の牡蠣フライの衣はパン粉たっぷりでよい色に揚がっています。サク、ジュワーのいいお味。牡蠣はくさみがなく、文句なしにおいしい。きっと良い食感に揚がるように油の温度管理が徹底されているのでしょう。こういう揚げ物って町の小さめなお店よりもファミレスのほうがおいしいこともありますね。

「特製ポテトサラダ」(199円)

 居酒屋でも定番の「ポテトサラダ」。デニーズのポテサラは水分が多い系でした。また、ベーコンがゴロゴロ入っていて、粗挽きコショウをきかせているのでお酒のつまみ向き。ほっくりしたポテサラとはちょっと違いますが、手間がかかっていると感じます。

「シーザーサラダ~4種チーズ使用」(399円)

 「シーザーサラダ」。写真だとボリュームが少なく見えてしまうかもしれませんが、お皿が大かったため。玉子は半熟ではなく、茹で玉子。クルトンも入っていてカリカリ食感を楽しめます。シーザーサラダはハズレありません。

「ジャーマンポテト」(249円)

 「ジャーマンポテト」はシンプルながらに激ウマ。じゃがいも、ベーコン、玉ねぎをバターでいためています。おいもはねっとり、ベーコンはジューシーで、組み合わせると悪魔的なおいしさ。おいもなのでカロリーはちょっと気になりますが、止まらなくなります。

「ベーコンとほうれん草」(299円)

 「ベーコンとほうれん草」にはしめじも入っていました。ファミレスでありがちなベーコンとほうれん草炒めは、塩味が濃すぎることもありますが、その中では上品な味付け。299円という手ごろな価格で緑黄色野菜を食べられます。

ファミレスなのに高級感
こだわりのお酒

 料理から紹介しましたが、お酒も良い雰囲気のものばかり。

「季節のサワー(ピーチサワー)」(449円)

 ビールを飲んで真っ先に気になったのは「季節のサワー」。気になって頼んだところピーチサワーでした。

生搾りのピーチ。フレッシュな味わいでした。おいしい~!

 季節ごとの旬のフルーツなどが使われるのですね。白桃の果肉が入っているトロみがあるフルーツサワー。ミントも添えています。生の桃を使ったフレッシュな味わいに感激して、ついついグビッと飲んじゃいました。

「サングリア(グラス)」(399円)

 サングリアとはフルーツやハーブをワインに漬け込んだカクテル。赤のサングリアはオレンジとカシスを漬け込んでいました。オレンジがグラスに添えられていてオシャレ! ワイン感は少なく、オレンジ、カシスのトロピカルな香りとフルーティーな味わいがステキでした。飲みやすいのでいっきに飲めちゃう。

「宇治抹茶ハイ」(449円) 

 「京都産宇治抹茶」を使用したという宇治抹茶ハイ。茶葉の深い風味、抹茶ならではのほのかな甘さ。これはおいしい。アルコール感は少ないのですが、「しっかり抹茶をつかっているな」と感じる質感良いお酒。油っぽい食事を食べた後の口直しとしてもいいかも。

「ハウスワイン 赤(グラス)」(199円)/「ハウスワイン 白(グラス)」(199円)

 もちろんワインも用意されています。「ハウスワイン」は、赤は果実感が濃いめでしっかりと甘め。白はぶどうのようなフルーティーな香りと、キリリとした酸味。食中酒としては白が飲みやすかったです。

「角ハイボール」(349円)

 定番のハイボールは「角ハイボール」。専用ジョッキでの提供です。レモンも添えられていて、すっきりおいしい。揚げ物にはハイボールが合いますよね。

ナベコのオススメは「いかときのこのアヒージョ」

 どれもおいしかったデニーズ。その中でも一番のおススメは「いかときのこのアヒージョ」です。まず、とてもおいしい。オリーブオイルの香りがそそりますし、イカやきのこのほか、ゴロゴロした食感のブロッコリー、酸味あるトマトなど様々な具材の味を楽しめます。

アヒージョ頼んでおけば間違いありません!

 バルなら定番のアヒージョですがファミレスで提供しているのは珍しいです。また、バケットに具材をのせて食べるのが楽しいので、オススメ。

アツアツなので、息を吹きかけて覚ましながら。ん~、オリーブオイルの香りがたまらない。

ちょっと手のこんだつまみで酒が飲める ワンランク上のファミレス

何を頼んでもおいしい。おつまみメニューも◎ファミレスの中のでもワンランク上という感じがします。

 デニーズはファミレスの中でもちょっと上等。手のこんだ洋食が食べられますし、お酒も、サングリアやサワーなどちょっとこだわっていますよ。見た目も美しく女性だとついうれしくなってしまうメニューばかり。量をたくさん飲むというより、落ち着いた環境で食事とお酒を適量たしなみたい時にいいかもしれません。

 なお、お手洗いは男女分かれていて洗面スペースも広く快適に利用できます。ファミレスのお手洗いはキレイで心地よいですね。

 お会計は、2人で思う存分飲み食いしたところ、深夜料金がついて税込5785円でした。お酒は計9杯、料理は6品頼んでいます。ファミレス飲みでひとり3000円近くいくのはちょっと高かったかも。でも、後悔はしていません。アヒージョおいしかったです!


■「デニーズ」で好きなメニューを教えてください

 みなさんは「デニーズ」に行くとなにを頼みますか? ナベコTwitter(@wagomunabe)に教えてください。Facebookもやっています!


ナベコ

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。
ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、レモンサワー、ホッピー、アルコール全般が大好き。お酒に合う塩分高めの食事も。
「アスキーグルメ」でおいしい飲食情報を発信中!

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!